こんにちは。のむらです。

普段は裏方仕事がメインですので、
具体的な仕事の話を書くことは難しいことが多いのですが、
最近関わったものから、ひとつ、これは汎用的に考えても良いかな?
ということがありましたので、書いてみたいと思います。

「35歳転職限界説」

というのがあります。

そもそも「事実」として、
年齢によって職能が決まるかどうかというと、
あまり関係なかったりします。

どの年齢であっても、優秀な方とそうでも無い方はいますし、
職種や業界、会社の文化によってパフォーマンスが変わることもあります。

とはいえ、
世の中の「常識」というのは、
「何も考えずに習慣的に判断する」
ようなことだったりもしますので、
現実的には、35歳転職限界説というのは、あると思います。

というのが、求人企業が応募者の年齢が35歳を超えていると、
面接までいかない、という現実はけっこうあります。

もちろん、事実ではない常識というのは、
どんどん壊していくのが良いというのもあるのですが、
一方で、一夜にしてそのような常識が消えるというのもまた、
現実的ではありません。

となると、35歳を超えた方は、
35歳転職限界説があることを前提に、
自分の行動を考えたほうが現実的かと思います。

選択肢を考えるときの最上位概念を、
「ビジネスの世界で生きていく」
というところからいきましょう。

そうすると、まずは、以下の大まかな選択肢があるでしょう。

1.今いる会社にずっと居続ける
2.別の会社に移る
3.会社員ではなくなる

今回は、1について考えてみましょう。

今いる会社にずっと居続けるとして、
この場合のリスクを最初に明らかにしておくと、

今いる会社の寿命>自分のビジネスパーソンとしての寿命

ということが成り立つということが大前提になります。

もし、この図式が成り立たないとしたら、
今いる会社の寿命が、そのまま、
自分のビジネスパーソンとしての人生におけるリスクになってきます。

個人的な意見ですが、最大のリスクというのは、
「自分でコントロールができないこと」
だと思いますので、このリスクは自分の力で回避することが難しい、
極めて大きなリスクだと思っています。

さて、今いる会社に居続けるとして、
その次の選択肢は、
1.1.会社の中で偉くなる
1.2.会社の中で偉くならないけどクビにはならない
というところになるかと思います。

1.1.会社の中で偉くなる

出世の仕方というのは、会社の文化に依存する部分もありますので、
自分のいる会社がどういう人を偉くするのか、というのを
まずはよく知る必要があると思います。

それをよく知った上で、必要な行動に集中する。

それが偉くなる場合の対策になると思います。

また、自分が素晴らしい成果を出したとしても、
他の人がさらに素晴らしい成果を出した場合、
ポストが限られていると、うまく出世できないという可能性もあります。

ですから、社内での競争相手の動向も
よく知っておく必要があるでしょう。
そして、その競争相手よりも、より出世できるように行動します。

場合によっては、他人の足を引っ張る必要もあるかも知れません。
自社に残り続けて偉くなるというのは、
そういうシビアな競争があることも珍しくありません。

1.2.会社の中で偉くならないけどクビにはならない

これもまた、ボーっとしていては、クビになるかも知れませんので、
ボーっとしているわけにはいきません。

どういう人がクビになるのか?
というのをよく知った上で、クビになるような行動は全力で避けることです。

更に、会社が人をクビにするというのは、
会社の状況によって変わることもありますので、
似たような会社の状況をチェックしたり、
事業の未来予測を少なくとも、数年レベルではしておく必要があります。

ですので、自社のこと、似たような他社のこと、
新たな競合の出現、顧客や市場の変化等、
知るべきことは非常に多いです。

しかも、それらの予測の精度を高めるためには、
かなり多くの情報量が必要でしょう。

会社や事業の状況によっては、会社や事業を劇的に改善する必要もあるかも知れません。
※それができれば、たいがいの会社では偉くなりそうですが。。

と、単純な場合分けで、
「自社に残り続ける」
ということについて考えてみました。

どちらも、しっかりとやり抜くには、かなりの労力が必要になりそうです。
難易度はあまり変わらないようにも見えますね。

役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は八須くんです。