あけましておめでとうございます。
小沢です。
さて、1年の始まりはその年の目標を立てる方も多いかと思います。
私も毎年ぼんやりと思うのですが、まあ毎度毎度ぼんやりでして。
ただ、今年はいつもの1年の目標ではなく、
「この1年間しか生きられないとわかっているときの目標」というものを考えました。
昨年の暮れ、死の恐怖を間近に感じたという友人と話をしていました。
死を間近に感じ、自分の寿命があとわずかしかないと思ったとき、本当に自分は何をしたいのか、ということがはっきりとわかったと言います。
私も過去にそういうことがありました。
人間はこの瞬間も死に近づいているのですが、ついつい日常の忙しさにとらわれてそういうことを忘れてしまいます。
しかし、多かれすくなかれ、我々の限られた時間で本当に何をしたいのか、を考えるのはとても大切なことだと思います。
この世にいるのもあとわずかしかないと思うと、色々無駄が見えてきたりもします。
落ち込んでいる場合でもないですし、他人を恨んでいたり妬んでいたりする暇もありません。
だいたいのことがしょうもないことに見えてきます。
本当に大事なものは何か。
それが見えてきます。
とはいえ、短期的なことだけ考えていても、再来年以降人生どうするねん!ってことになりかねないので、皆さんは中長期的目標も考えてくださいね。笑
では今年もみなさんにとって輝かしい年になることを祈りまして。
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。