みなさん、こんにちは。
暑い日が続いていますが、大丈夫でしょうか?
突然ですが、皆さん、マンゴーは食べたことありますか?
マンゴーを売っているのをみたことがあったり、
マンゴープリンや切られたマンゴーをお店で食べたことがある人は、
それなりにいらっしゃると思うのですが、
自分で、切って食べるという人は少ないんじゃないでしょうか。
今日は、そんなマンゴーデビューをしようとするあなたに、
マンゴーの切り方を説明しましょう!!
20110728-M01.jpg
1.まず、マンゴーのへたを上にして、果実の細い部分をたてます。
 (なぜ細い方かというと、太い方でたてると、種に当たって切れないからです)
20110728-M02.jpg
20110728-M04.jpg
2.半分から親指1本くらいのところを切って、3枚におろします。
20110728-M05.jpg
20110728-M06.jpg
20110728-M07.jpg
3.種のない部分(真ん中以外)をサイの目状に切り、ひっくり返します。
 皮まで切ってしまわないよう気をつけてください。
20110728-M08.jpg
20110728-M09.jpg
4.さぁ、後はお皿に盛りつけるなり、フォークやスプーンで食べるなり、
 どうぞご自由にめ・し・あ・が・れ!!
20110728-M10.jpg
ここで、聡明な読者の皆さんは、「真ん中の種のところは?」と
疑問をもたれたと思います。
そうです。これがフィナーレです。
花火大会でいう、最後のスターマイン100連発みたいな感じです。
ここの食べ方は、こうです。
20110728-M11.jpg
ずばり、豪快にむしゃぶりつく!!
これが最高です!!
この解説を見て、まだマンゴーが切れるか不安な方は、こちらからご連絡ください。
「真ん中の種にむしゃぶりつく権利」と引き換えに、
マンゴーを切りに伺わせていただきます(笑)。
明日は吉村君です。
RBCの会員登録はこちら