こんばんは、樋口です。
最近、就職活動や内定者にお話をする機会が
例年に増して増えている気がします。
元々は2005年の年初に実施した就活生向けのイベント、
そして大学のキャリアセンターと共同開催したキャリア塾というものが
根底になっている気がしています。ここに立教ビジネスクリエーター塾や
会社関連のイベント、同僚が開催しているイベントが絡んで、
面白く自己を形成することができている気がします。
ということで少し振り返ってみます。
最近就職活動生や学生にあったときにアドバイスしていることが3点。
1)会社のなかや周囲に目指したい人間を見つけて、
 とりあえずベンチマークする。そうすると成長速度が速くなる。
2)「経営の視点で考える」
 ただし、最初は非常に難しいので、
 自分より2階級くらい上の役職のひとの視点で考えるか、
 もしくは経営者の知人をつくる。
 全体最適であったり部分最適であったりといった
 ワーディングがしっくりくるようになる。
3)自分の経験を体系的にお話する場をつくる。
 就職活動支援が最も手頃なイベント。
 自分の財産、エピソード資産が劇的に増えます。
特に3)ですかね。
自分の経験値を語ったり書きおろしたりすることで、
経験が自分だけのものでなくなる。
客観的な自分や第三者からの視点が入ることで、
新しく洗練されていく。そんな瞬間が楽しいです。
というわけで年初からも就職活動支援、
飛ばしていきたいと思います。
経験と知識を稼ぐ土台として、に、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日は満木さんです。