スタッフの阪倉です。
ファーストリテイリング、楽天といった好業績を上げている著名な企業が
英語を公用語化しようとしているそうです。
日本では人口減、マーケット減が今後続くため、
日本企業は海外に進出し、活路を求めなくてはならなくなっています。
英語を社内での公用語化すると、どんなことが起きるのか想像してみましょう。
プラス面
・全体の英語レベルが上がる
・海外支店との連絡がスムーズになる
・優秀な外国人材の確保
 (日本語の壁があって出世できない人が減る)
マイナス面
・仕事はできないが英語ができる人が出世するケースがおきる
・英語ができる部下が外部の要人と課長を差し置いて会話する
・意思疎通がうまくいかないケース
すでに社内食堂のメニューが英語になっている企業もあるようです。
ただでさえ、英語のレベルが低いといわれる日本。
英語公用化については今後も目が離せない問題ですね。
さまざまな情報が得られるRBCへの会員登録はこちらから。明日は、なかしまさんです。