こんにちは、大久保です。
今回は第2回目の続きです。
ここまで行うとiPhoneとドコモ
合計2台の携帯電話が手元にある状態になります。
2台あると、電話・メールがきていないか
2台ともに確認をしなければいけなくなったり、
あのメールはどっちだったけ?ということも出てくるので
何かと不便だったりします。
ここで出てくるのが、「ポケット1つの原則」。
「ポケット一つの原則とは 
 電車にのって、改札口を出る時に、切符がどこにいったかわからなくなる
 という経験は、誰でももっている。
 こうした事故が起こるのは、背広にポケットがいくつもあるからだ。
 たくさんあるポケットの、どこに入れたかわからなくなるのである。
 もし背広のポケットが1つしかないとすれば、
 このような事故は起きないだろう。
 つまり、ものを紛失しないための方法は、
 すべてのものを1つのポケットに入れることである」
                 (野口悠紀雄『「超」整理法』より)
要は、モノや情報は1つのところに集約しておけば
何かを探したりする必要がなくなるという原則。
たとえば、バッグを複数持っていて
昨日はAというバッグだったけれど、
今日はBというバッグを使うというケースがあります。
こういった場合、
財布はBに移したけれど、定期券を忘れた
ということが起こりがちです。
そのときに、「ポケット1つの原則」を使って
これだけは必要というものを
1つのケースに入れておけば、
いざというときでも忘れ物はなくなります。
これを携帯電話に応用します。
私の場合は、すべてメールも電話も
iPhoneで出来るようにしました。
そもそも、もともと使っていた電話番号を
iPhoneの番号にしたのは、
上記の「ポケット一つの原則」を意識してのことでした。
電話番号は今までのものを使うだけですので、
「ポケット一つの原則」完成です。
さて、それではドコモの携帯に届いたiモードメールは
どうやってiPhoneで確認するのか。
また次回に続きます。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!