おはようございます、樋口です。
先日、ジムでジョーバをしながらTarzan読んでいて感じたこと。
  「筋トレってビジネスに活かせそう。。」
RBC代表の野村氏はサッカーに例えてビジネスを描いています。
私も以前、ピアノの練習に例えてビジネスを表現してみました。
では逆に、ビジネスを筋トレに活かす方法を考えてみましょう。
『筋トレ』は時々ビジネスにたとえられます。
『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』
では、逆説的に、
加速度的に筋肉を成長させるにはどうしたらよいのか?
私のビジネスの経験からさくっと書いてみますね。
・まずは最終目標を認識する。
・目標を達成している自分を常に意識する。
・そして毎日念じる。
・中長期目標を立てる。
・超回復のフローを理解する。
・自分の現在の力量を客観的に理解する。
・少しキツいくらいの負荷をかける。
・継続して努力する。
・成果を定点観測する。
・PDCAサイクルを回す。
・そして目的に応じて適切な指導を受ける
・仲間を見つけて切磋琢磨する。
・何よりも過程と瞬間を楽しむ。
皆さんが現在従事しているビジネスに当てはめて、
ちょっと考えてみてくださいね。
目標に向かって物事を実現させる過程、という意味では、
音楽も、サッカーも、筋トレも、そしてビジネスも、
成功の法則というものはパターン化できるはずです。
皆さんが得意な土俵に持ち込んで、
勝利の方程式を当てはめちゃってください。
日常生活のどこにでもヒントは転がっています。
※余談ですが、筋トレをしてから有酸素運動をすると、
 筋力アップ・脂肪燃焼効果を増幅させることができますよ。
運動で心身共にリフレッシュして、
RBCの定例勉強会で刺激を受けましょう♪
定例勉強会申込はこちらから。
会員登録はこちらから。
明日は満木さんです。