こんばんは、樋口です。
最近就職活動の時期になってきました。
OB訪問を受ける回数が例年どおり多くなってきました。
会社のセミナーでお話する機会もあったりして、
楽しませていただいています。
自分を振り返るうえでもよい経験になりますし、
いつも喜んで受けさせていただいています。
私が就職活動生のときにいつも聞いていたのは、
  「大学でやったことで社会に出てから役に立つことってありますか?」
社会という未知数の場所で働くにあたって、
いまの自分がどれだけ通用するかを知りたかったのです。
また、自分の未来予想図をリアルな先輩の軌跡に重ね合わせて、
想像してみるのがとても楽しかったです。
最近ならば私は「ロジック」と「好奇心」と答えますね。
法律や政治、経済の知識が直接役に立つ、というわけではなくて、
頭の使いかたや心の持ちかたといった、
抽象的な話になってはしまうのですが。
Excelを扱うのも話をするのも、プレゼンするのも基本的にはロジック。
そして仕事に対する飽くなき好奇心があなたを育んでくれるでしょう。
就職活動を始めた学生の皆さんや、
大学に入りたての皆さん、心の片隅においていただけると幸いです。
もういちど、大学で勉強したいかたにとっても、
立教ビジネスクリエーター塾はおすすめです。
RBCへの会員登録をどうぞ。
明日も私が投稿します。