こんにちは、スタッフの大久保です。

いつもは映画のレビューを書いていますが、
今日は違うことを書きます。

電車の中でよく赤ん坊を抱いている方を見かけます。
赤ん坊なので、当然泣いたり大きな声を出したりするのですが、
周りの人に迷惑がかかるといけないので、
親が赤ん坊に対して泣かないようにします。

こういうことは当たり前かと思っていたのですが、
今年、香港に旅行に行った時のこと、
香港では赤ん坊が泣いたり大きな声を出すことに対して
親も周りの人も寛容でした。

よい意味で周りの人に無関心なので、
あまり赤ん坊の泣き声を気にする人もいませんでした。

これは他のことにも言えて、
たとえば携帯電話の着信音も、
日本であればマナーモードにしているのが当たり前で、
着信音を鳴らすことは周りの迷惑となっていますが、
香港は着信音が鳴ることが当たり前でした。

また、電車の中で携帯電話で話すことも
日本ではマナーが悪いことととされていますが、
香港では普通に電車の中で携帯電話で話をしている人がいました。

「よい意味で無関心」というのは
面白いことにスマートフォンのサイズにも影響があり、
日本ではiPhoneサイズのスマホが主流ですが、
香港ではSamsungのGalaxyNoteくらいのサイズのスマホを持つ人が主流でした。

日本では大きいサイズのスマホだと、他人から覗かれる心配があったりしますが、
香港ではそんな心配もなく、見やすいから大きい方がいいじゃん、という雰囲気がありました。

周囲に関心がなさそうで、意外と関心を持っているのが日本で、
周囲に関心がありそうで、実はあまり関心を持っていないのが香港のように思いました。

話を赤ん坊に戻すと、公共機関などで自由に泣いたり声を出したりができない、というのは
後々の人格形成において影響があるのではないかと思っています。

電車に女性専用車両があるように、赤ん坊を連れた人用の車両があってもいいと思うし、
映画や演劇など、一般的には静かにしていないといけないところでも、
赤ん坊と一緒に見られるような機会をもうけるなど、いろいろと工夫ができるんじゃないかと思いました。

ビジネスクリエーターズへの会員登録はこちらから。
明日は野村君です。