こんにちは、スタッフの大久保です。

デジタルデバイスの中で、スマートフォン・タブレットは普及したものの、それ以外は試行錯誤の状態が続いています。

特に眼鏡型デジタルデバイスは、Google Glassが一時期もてはやされたものの、
普及には至らず、一般消費者向けの販売が中止されているような状況です。

そんな中、突如発表されたのが、Snapchat発の眼鏡型コンピューター「Spectacles」

眼鏡にカメラがついていて、ヒンジ部分にあるボタンを押すと最大10秒の動画を撮影できます。
広角なレンズが搭載されていて、人の目線と同じような自然な動画が撮れるとのこと。
撮影した動画は、スマートフォンと同期してSnapchatに投稿できるようになります。

Google Glassのときに議論されたプライバシー問題への配慮に関しては、
撮影中はカメラ部分が光り、撮影していることを知らせる仕組みになっています。

撮った動画はスマートフォンと連携し、Snapchatへアップできるとのこと。

価格は129.99ドル。

個人的な意見としては、爆発的なヒットをするとは思えませんが、
Google Glassがデジタルデバイス好きのギークしかつけないようなイメージが拭えなかったことに対し、
このSpectaclesは遊びの延長線上で気軽に使えるので、アメリカでは比較的すんなりと受け入れられると思います。

今後の動向に注目したいと思います。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は野村君です。お楽しみに!