2016年7月10日(日)に行われる参院選について、見るべき情報をまとめました。
追加すべきものがあれば更新していきます。

◆まとめ方針

・選挙と投票についての基本情報をまとめる
・お住まいの地域の候補者を知る手段をまとめる
・参院選では全国区(比例)があることから、主要政党の公約をまとめる(全国紙基準)
・18歳選挙権についてはまとめない(必要な人はググれ)
・いつでも好きなときに見られるものをまとめる(放送系はほぼ除外)
・できる限り中立な立場からまとめる

1.【郵便物】選挙のお知らせ

まずはお住まいの市区町村選挙管理委員会から届いている、選挙のお知らせを確認しましょう。
宛名紙と投票所に持参する用紙、選挙の案内が入っているかと思います。

※期日前投票について
選挙の案内に、期日前投票について書いてあると思います。
選挙当日に投票しようとすると、場所によっては長時間並ぶ必要があったりしますので
できれば期日前投票をするのがいいと思います。
投票所も多いですし、たいてい待ち時間ゼロですのでオススメです。
 
 
 
2.【ポスト投函】選挙公報

6月末くらいに選挙公報がポストに入っていたのではないかと思います。
選挙公報はお住まいの選挙区の候補者、各政党の主張が載っていますので、基礎知識として見ておきましょう。
議席数の多い都道府県だと、妙な人もいて面白い、かも。
捨ててしまった人は、「都道府県名 参院選選挙公報」と検索すれば
各都道府県の選挙管理委員会のサイトで見ることができます。
 
 
 
3.【Web】ボートマッチ

政党や政策などについてもよくわからん、という人はまずこれをやってみましょう。
アンケートに答えることで、あなたと政党・候補者との一致度がわかります。

えらぼーと2016参院選(毎日新聞)(政党・候補者との一致度)
政党との相性診断(Yahoo!)(政党との一致度)
投票マッチング(日本政治.com)(政党との一致度)
 
 
 
4.【Web】新聞社の選挙特設ページ

文字情報だと一番充実しているのが新聞社のサイトです。
全国紙代表として、読売・朝日・日経から。

○候補者情報
 載っている情報自体は少ないですが、Webサイト・Twitter・Facebookをやっている人はリンクがあります。

読売新聞
朝日新聞

○候補者アンケート
 主要な政策課題について、各候補者のスタンスが視覚的にわかります。
 例えば公共事業による雇用創出について賛成か反対か、など。
 さらに主要政党ごとに、候補者全体からの平均値を見ることもできます。
 公約よりも実質を反映しているかもしれませんね。

朝日新聞

○主要政党の公約

参院選公約、問われる信頼性 与野党9党出そろう(朝日)
 (主要政党全部のをまとめて一記事にしたものは朝日しか見つかりませんでした)

公約要旨(読売)
公約要旨(朝日)(ページ真ん中あたり)

公約全文パンフレットPDF(日経)

○選挙情勢

日経新聞
 
 
 
5.【Web】その他

ネット党首討論(2016.6.19実施 ニコニコ動画)(要会員登録)

Twitter公式企画 #参院選 「政党と話そう」に参加した全党の全回答まとめ
 
 
 
6.【TV】選挙特番

やる度に視聴率を伸ばし続けるテレビ東京「池上彰の○○選ライブ」とNHKでいいんじゃないでしょうか。
後は好きにザッピングしてください(雑)
 
 
 
関係ないですが、次回7/23の勉強会はライターのヨッピーさんが来てくれます。
詳細はこちら