こんにちは、Fintech大好きNocchiです。
米国のFintechの話題をば。

2015年半ばから台頭してきたFintech

昨年半ばから、急にバズってきはじめた”Fintech”という言葉。
様々なカテゴリでスタートアップが成長し、
2016年に入って、こちらの記事のように細分化されるようになってきた。

◼︎週間ダイヤモンド「特集:Fintechの正体」
MoneyForward瀧さんの記事のほか、
ご意見番による各セグメント評価なども。

アメリカでは有名な”stripe”が新サービスをリリース

特に困ることが少なく、既存大手がAPI公開などに踏み切っていない日本では
まだFintechは成長段階にあるが、欧米、特に
アメリカやロンドン、シンガポールでは技術が進みつつある。

最近では、米決済サービス”stripe”が、
スペインで行われたMobile World Congress 2016にて発表した
Stripe Atlasが大きな話題を呼んだ。

国外の起業家が、アメリカで簡単に法人を作れるようにするサービスだ。

早速、試した人のレポートが公開されているので
ご参照されたい。

◼︎日本にいながらアメリカ法人を簡単に作れる「Stripe Atlas」を試してみた(Fintech media)

現在、招待制ベータとして提供が開始されている。
最初の100ユーザーは無料で、以降の価格は500ドルとなっているとのこと。
早めの申し込みが良さそうだ。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は鈴木君です。

友だち追加数