こんにちは。
IT大好きNocchiです。

話題沸騰のStar Wars Episode7, Force Awakenと、
007 spectreを見てきましたのでレビューを。


⬛︎100%ルーカスを踏襲したエイブライムス

アバターを塗り替える勢いで観客動員数を増やしているSW。
ルーカス監督がDisney pictureにスターウォーズを売却し、
監督もJ.J.エイブライムスに交代して初めてのエピソードとなりました。

今回、収益底上げを図っていると思われるのが「複数の視聴方法」。
新宿TOHOシネマズでも、
Dolby Atomos(劇場天井にもスピーカーが設置され臨場感ある音が楽しめます)
IMAX、3D、4Dなどが用意されています。

今回は作成段階からIMAX3Dを意識していたとのことで、
一回目はIMAX3Dで鑑賞しました。
あのサングラスのようなメガネをかけるので、つらいかな…と思ったものの
15分もすると3Dに慣れてきます。

内容としては、旧三部作のメインキャスト、
ハンソロを演じたハリソンフォードを始め、
ルーク、レイアともに実際の俳優さんを起用したり、
BB-8という新しいキャラクタを登場させつつ、C-3POやR2-D2、チューバッカなど
過去のキャラクタも大切にして、過去のファンからも不満が出ないような作りになっていました。

エイブライムス監督お得意のCGも美しく、内容や戦闘シーンもルーカスフィルムを
きれいに踏襲(といったら失礼かもしれませんが、少なくとも100%以上のもの)
して作成されていました。
さすが!の一言。

大満足で鑑賞を終えましたが、一緒に行った人は「007の方が好き」とのご意見。
まぁ、たしかに、star warsはドンパチ大好きな男の子向けの
ジュブナイルっぽい要素も多分にあるし、我々の年代には007の方がたしかに合うかもね、
ということで、昨日は007 spectreを見てきました。
(007シリーズもだいたい見てます)

⬛︎圧倒的にストーリーも映像も大人っぽい007
メキシコシティ、死の祭りからスタートする007。
カメラワーク、トンマナ、キャスティングから衣装まで、

あ〜これこれ、ダニエル=クレイグのシリーズは
イギリスを意識した、このスモーキーな雰囲気が
堪らなく良いのよね、とオープニングからうっとり。
(タコはちょっとどうかなぁ・・・)

前任のピアース=ブロスナンほどチャラチャラした男性像ではなく笑、
真性の色男を素で?演じるダニエル。素敵。
今回は結構女性に手を出してましたね笑

ロケもMI6の拠点ロンドン、イタリア市街でのカーチェイス、雪山・・・と
とにかく、景色が美しくて・・・
CGで魅せるstarwarsとは好対照。

⬛︎正直、個人的には007に軍配。でも・・・
個人の好みもあるのでしょうが、映画としては007の方が好きでした。
しかし、映画館で何回も見たいか?IMAXで?3Dで?というと
アトラクション感の強いStar Warsに軍配。

DVDの売り上げは、自宅にテレビ環境のある人に限られてくるので
今はそれほど期待しにくそうなので、最終的な売り上げは
映画館上映と関連グッズの販売やイベント開催で決まりそうです。
どちらの作品も、パソコンやスマホで見ても勿体無いことこの上ないですし。
(ストーリーを追えばいいという作品ではどちらもないので。。)

作成費用やロケの大変さで比べると、007の方が上なのでは?と思いつつ
評価され、収益が上がるのはStar Wars。
なんだか、いいやら悪いやらながら、
万人受けして、きちんとお金を落としてもらえるものが
結局、金銭面では上回るのよね、という、メディアの悲しさを見た気がしました。

宮崎駿監督やルーカス監督が苦しんだのもここですね。
小規模でも熱狂的ファンを作る作品を作り続けられた方が
クリエーターというのは、実は幸せなのかもしれません。

とはいえそれでも
全世界の人と話が通じるほどファンを作り上げたStar Wars、すごいです。
ディズニーの哲学に通じるものがありますね。

明日は鈴木くんです。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

◆◆スタッフ募集中◆◆

ビジネスクリエーターズでは、
一緒に活動するスタッフを募集中です。
今よりも成長のスピードを上げたいという方、
ぜひ一緒に活動しましょう!

友だち追加数