こんにちは、スタッフのこさかです。

印刷の話、最終回。
今回は「版」に関する話と、
印刷コストを抑える秘訣(唐突にお金の話ですが)についてお届けします。

ハンコの、版。

前回の投稿で、
色の表現にはCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)4色の網点が用いられる、
という話をしました。

その続きになりますが、
4色の網点でどのように色が表現されるのか?という話。

印刷機にかける前に、
CMYK4色をいい塩梅に調合して…という訳ではありません。

印刷会社に印刷を依頼する場合、
多くは「オフセット印刷」という、
「版」を用いた印刷方式がとられます。

「版」というのは、簡単にいうとハンコのようなもの。
印刷準備として、
まず印刷したいデザイン専用のハンコをつくり、
そのハンコを使って、印刷機用のうすいアルミ板にデザインを転写する、
という流れが存在します。

版は、CMYK4色ごとに作成されます。
つまり、モノクロ印刷の場合は、版はひとつ。
フルカラー印刷の場合は、版は4つになります。

安くしたいなら、「版」をケチろう

フルカラー印刷では版は4つと申し上げましたが、
これは片面印刷の場合です。

フルカラー両面印刷の場合は、8つの版が必要になり、
一気に印刷費が跳ね上がります…

ということで、コストを抑えるには版をケチることが有効なのですが、
2通りのケチり方が存在します。

一つ目は、両面デザインのうち片面の色数を絞ること。
勿論両面の色数を絞ることができればさらに値段は落ちますが、
そうするとデザイン自体が崩れてしまいますので、
片面のみ調整することをオススメいたします。

そして二つ目は、
他のデザインと一緒に印刷してもらうこと。

何を言っているの?という感じですが、
使用する用紙が共通の場合、
複数のデザインはひとつの版にまとめられるのです。

学校の教科書などページ数の多いものが良い例で、
ああいったものは、複数のページがひとつの版にまとめられ、
印刷した後に用紙を断裁する、という流れをとっています。

2つ以上の印刷物を制作する予定があるなら、
同じタイミングで発注すれば、
バラバラに発注するよりも費用を抑えることが出来ます。

この仕組みを上手く活用しているのが、
最近テレビCMで盛んに登場する「ラクスル」。
印刷に用いる用紙の候補を絞ることで、
版をひとまとめにし、格安サービスを実現している、という訳です。

今回は以上です。
印刷の世界は奥が深く、専門用語も多く存在しますので、
一度調べてみると面白いですよ!

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

◆◆スタッフ募集中◆◆

ビジネスクリエーターズでは、
一緒に活動するスタッフを募集中です。
今よりも成長のスピードを上げたいという方、
ぜひ一緒に活動しましょう!

友だち追加数