ビジネスクリエーターズ スタッフの平です。

「BASE株式会社」の代表取締役 鶴岡裕太氏と
マーケティングチームの金城辰一郎氏を講師に迎え、

あなたの価値を簡単に上げる方法、
物を売るための「ブランディング」は個人にも応用可能
~BASE 鶴岡氏に学ぶ 誰でも気軽に物が売れる時代に学ぶべきこと~

についてお話頂きました。

以下がそのときのレポートとなりますので、ご参照ください。

BASE株式会社↓

https://thebase.in/

■最初に鶴岡氏からBASEのご紹介
BASE自体はサービス(ネットショップ)をつくることができるサービスです。

他社はお金がかかる
HTMLの知識が必要
決済システムの契約が大変だが

BASEなら
決済システムが簡単に構築、No fee(無料)
決済システムの即時で導入可能。

■最初のネットショップ開設まで入力項目はたったの3つ
URL、メアド、パスワード。
URLは好きなの、メアドとパスワードを入れるだけ登録可能。

次は商品登録。
Tシャツなどはサイズなどを入れる
1,2分で登録可能。

デザインは通常は自分でカスタマイズしていくが、
BASEはテンプレートから選ぶので簡単。

クレジット決済、代引、銀行振り込みを選べばネットショップが完成。

一部の人だけが使いたいという機能はBASE Appsで対応できる

■リリース1年足らずで8万店舗突破! 国内最大規模
WBS(ワールドビジネスサテライト)に紹介された、
とりクラフトのショップ、
1000円で名刺を作ってくれるショップ、
芸能人が開いているショップと様々なショップが存在する

■BASEについて質疑応答
Q:収益はどこから得ているのか?
A:今は利益なし。
例えば、メガネ屋専用のテンプレートを使いたい場合は1,000円払ってもらう
というような収益モデルは将来的にあり。
BASEショップには広告は出ない。

■ここからはマーケティングチームの金城氏にブランディングについて講演していただく


ブランディングの定義:
ブランディングとは
顧客、もしくは相手に対する自分の価値を向上させること。

ブランディングを行う理由:
1.選ばれる
他と比べえて選んでもらいやすい

2.価格競争を回避出来る
安ければ安いほど良いが、価値を付与できる
牛丼は価格競争が激しい。数百円で食べられる。
ブランディングをしっかりやっていれば値下げをせずにすんだのかも?
バッグも同じ機能バックでも高くてもブランディングが高いものが選ばれる

3.リピートを生む
自分はiPodが好きだったが、Appleが好きになり
AppleのPCを買った。長く使い続けられるのがブランディングの効果

■BASEを使ってブランディングが成功している事例を紹介
1.さのもの
電子部品アクセサリー。ギークな女子向け

2.asacokitchen
朝の番組などでも紹介
健康志向の主婦に向けておしゃれな麩料理を紹介するショップ

■重要なのはターゲットとコンセプト
誰のためのショップか?
みんなのための商品は、誰のための商品でもない。
ターゲットをしっかり決める。

コンセプト。なぜそれを売るのか、
それをしっかり伝えられているショップは良く売れている

ブランドは人が作るもの。熱狂的な顧客を作り出せ。

※これ以降の部分は完全版レポートに収録されています。
完全版レポートの提供を希望される方は、
ビジネスクリエーターズのスタンプカードを持参の上で
次回以降の勉強会(ビジネスクリエーターズLive)にて
スタッフにお申し付けくださいますようお願いします。