ビジネスクリエーターズ スタッフの平です。

「株式会社ミスミグループ本社」の社長補佐 兼 経営企画室
金田博之氏を講師に迎え、
”『29歳からの人生戦略ノート』の著者から学ぶ、周りと差をつける仕事術”
についてお話頂きました。

以下がそのときのレポートとなりますので、ご参照ください。

■自己紹介
38歳
下関出身

社会人人生は大きく二つ
1998年にSAPジャパン入社
2014年ミスミグループ転職

常に学んでいく成長していくということを意識している

チャレンジしたいから海外、外資系企業へ行こうと思った

■周りと差をつける仕事術
テーマは一つの軸があるけど、脱線してもらってもOK

■SAPジャパンでのキャリア
◆1~5年目 マーケティング
プロモーションやセミナーを企画するのが仕事
市場調査と思ったら違った
3年目で45,000人が集まるイベント企画・集客

2001年にマーケットインテリジェンス発足
→3C等を実施する組織
社長賞3年連続受賞

◆5~8年 営業
お客の声を直接聞きたい
副社長補佐に就任、役員の立場を疑似体験

社長になっても幸せなのか、疑問が生じるようになった
29歳の時にキャリアを考えるようになった

◆8~15年目 マネジメント
インサイドセールス部立ち上げ 30歳で部長になった
英語も話せないのに、新設部署の立ち上げの為、いきなりスペインへ出張
しかし成功 初年度250%

今まで会社でしていなかったチャネル販売を実施(直販以外の手法を作った)
初年度160% 2013年は600%達成

■成果って重要
全員がプロになる必要はないが結果を出さなければプロではない

■どうやって結果を出すのか?
報告書も送るのもただ送るのではなく、考えて送るのでは全く違う

結果主義ではなく、小さな成果が重要

朝会社いって挨拶一つでも違ってくる
小さな仕事でも積み重ねると違ってくる

重要なのは分解していくこと
そして小さな成果を達成してことが重要

■複利は人類最大の発明である アインシュタイン
成長するための原理原則
連続複利

ビジネスでも複利の発想は重要で
日々小さな成果を達成して、忘れずにその成果を反復していけば
長期的見れば大きな差をつくることができる
小さなことでも工夫して、サイクルを回していくことが重要
経験の再投資

■DM発送係だった私をトップ2%にあげた仕事術
3つの鉄則
1.雑用でも与えられた仕事に全力で取り組む
どんな仕事でも結果を出せる
信頼されるようになる

2.プライドを捨てあらゆる人に教えを請い、いいところを真似る。
学習サイクルを自分の中に限定させない
別の会社に転職して、知らない知識ばかり

3.視点を変え、もっといい方法はないのかと工夫し続ける
他人とは違うアウトプットが出せる。

■雑用でも全力で取り組む
入社1年目の実例
DM作成と搬送 FAXの受付 アンケートの作成と入力
→エクセルにインプット
この作業を6か月続けて社長賞受賞
仕事を常に「拡大解釈」して取り組む

■DMを作るとどんなスキルがあがると思う?
文章の作成、構成力が培われる
会社の最新情報がわかる

営業さんより先に顧客にタッチしているなと考えた
→DMの文章をしょぼくすると誰も来てくれない、責任重大

会社で最先端の情報を知ることが出来る
競合が類似のセミナーを開催しているかチェックして
最新情報を営業に流し、顧客が求めていることを知れる
→営業段階から集客をかけれるようになる。
→営業リソースが効率よくなる

■FAXの受付
そのセミナーに興味ある業種がわかるようになる
業種、地域、規模別といった分類わけでわかる

セミナーに対する関心・反応がわかる

一担当者からいうと作業だが、経営者や他の組織からすると
非常に重要な情報になるかもしれない
重要顧客と早めに密に接触することが出来る。

■アンケート作成
顧客の声が一番わかる
次のセミナー企画に活かせる

小さな仕事をこだわって積み上げていくこと
複利効果で大きな効果になる
目の前の仕事を拡大解釈することで色々な効果になる

■仕事のアウトプットを明確に意識する
パーミッション表をまとめることで
営業の人員配置が効率的になる

客観的なデータを持って自己主張することが重要
そのうえで上司とコミュニケーションする

この発想は周囲に、
もっと効率的なやり方はないかな~?とか
相談して思いついた。一人で机に篭って考えついたわけではない

DM発送の経験が思わない経営改善効果になった
6億の投資効果を短縮する
1週間かかるルーチンワークをアクセルのデータベースを勉強して
数分で実施できるようにした
→顧客をデータベース化をした
そうする事でセミナーの反応等に対してすぐに対応できたりする

さらに後々はメール配信システムを活用したりして、
作業工数削減に務めた

さらに部門横断の顧客ベーターベスを構築して
会社の利益に貢献

■色々なことをやっていくうちにタスクが増えていくけどどう管理していた?








※これ以降の部分は完全版レポートに収録されています。
完全版レポートの提供を希望される方は、
ビジネスクリエーターズのスタンプカードを持参の上で
次回以降の勉強会(ビジネスクリエーターズLive)にて
スタッフにお申し付けくださいますようお願いします。