ビジネスクリエーターズ スタッフの平です。

「有限会社ハガレックス・ジャパン」の代表取締役社長
平野豊宏氏を講師に迎え、
『人の才能を活かしてビジネスをクリエイトする』に
ついてお話頂きました。

以下がそのときのレポートとなりますので、ご参照ください。

■プロフィール
生年月日 1963年 12月4日7時3分
広島県広島市生まれ
うさぎ年、いて座、B型

50歳になり、死を意識し始めてきた今日この頃。

現・ハガレックスジャパン社長で
ミラクルペイントを開発。

http://www.hagalex.jp/

また昨年はNPO法人を立ち上げ大人と子供が混じって学べる学校、
「マチナカデミア すみだ」を開校。

http://machinacademia.com/

■最初の起業
20歳の時にコンパコントロールセンターを組織。
今でいう街コンのようなもの。
そんな活動を行うぐらいなのでコンパの回数も数えきれないくらいやっている
のかと思いきや、過去3回しかコンパに参加したことがないそう。
(それも当然のドタキャンがありしぶしぶ)

■なぜ作ったか
福岡は九州の学生50%が集まる学生都市だったので、
学生が安心して飲みに行ける飲食店を増やそうと思ったのがきっかけ。
お店に学生を送り込んで、アンケート(メニュー、雰囲気等)を回収して、
それをお店に教えることでマネタイズしていた。(実はお店のコンサル)
ちなみに過去最大のイベントは最大3000人(男女1500対1500)
バス50台のイベントを行った。

それだけネットワークを持っていると
電通等からモニタリングや、アンケート等をお願いされるようになり、
学生向けのコンテンツをどうすればよいか相談される。
最終的には学生向けのことなら平野に聞け!という状態に。

■学生起業家ブーム
当時、学生起業家がそこら中で現れ始める(当時21歳)
その学生同士がつながり、旅情報誌を作ることに。
るるぶしかない当時、目的別旅行誌をつくり、リクルートに提供。
それが現在の”じゃらん”になった。
※目的別情報誌とは・・・
「貸切温泉のある旅館」「海鮮料理が食べられるホテル」などが
目的別にまとまっている情報誌。

■卒業後
企画会社を起業。その後、27歳までの間に
人材派遣会社、飲食店経営会社、通信会社などを起業。
当時、ディスコの後に行く場所がなかったので、
ハブサムファンという飲食店を開業。
終電後のお店がなかったため、
東京のタレントさんが集まり、かなり有名に。
     
■破綻
27歳で4000万の借金を背負う事に。
借金を肩代わりしてもらう代わりに出家するはめに。
しかし3年後破門。
お寺から追い出されて31歳で初めて東京へ。
マーケティング会社に人生初の就職。
大手化粧品会社の商品開発、
コンビニエンスストアのマーチャンダイジングなどを手がけた。
 
■マーケティングのノウハウを町おこしに活かしたい
農林水産省から地域活性事業を任される。
北海道と九州を担当。
しかし、3年間活動してきたが、何も達成されない日々が続く。
どれだけ良い提案をしても成功しない。

ある日、

※これ以降の部分は完全版レポートに収録されています。
完全版レポートの提供を希望される方は、
ビジネスクリエーターズのスタンプカードを持参の上で
次回以降の勉強会(ビジネスクリエーターズLive)にて
スタッフにお申し付けくださいますようお願いします。