Independenceアイキャッチ

独立をより身近なものに感じ、
独立するのに必要な準備とはどんなことか?
を明らかにするビジネスクリエーターズIndependenceのご案内です。

が、、その前に、ちょっと余談というか、
「一生独立する気がない!」と思っているにも関わらず、
運良く(!?)ここに来た方のために、ちょっと違う話もしてみます。
※すぐにお申込みをする方は、このページの末尾にあるフォームから
 お申込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ビジネスクリエーターズIndependence 第14期】

独立がうまくいくための6ヶ月連続講座

2015年10月24日(土) 10:00-12:00@新宿

――――――――――――――――――――――――――――――

かつて、NHKでも一世を風靡した、
ハーバード白熱教室の「政治哲学」で、
マイケル・サンデル教授が「正義」についての講義をしていました。

最終的にはサンデル教授の立場というのも明らかになり、
若干、学生たちはその立場に誘われるという流れにもなっていましたが、
冒頭で有名な質問があります。

凄くざっくり言ってしまうと、この質問を通して、
「世の中には3種類の人がいる」
ということが明らかになります。

ご存知無い方のために、その質問を大まかに書いてみましょう。

【質問1】
あなたは列車を運転しています。
今、列車のブレーキが故障して暴走を始めました。
前を見ると、駅のホームがあってたくさんの人がいます。
このまま突っ込むと、駅のホームにいるたくさんの人が犠牲になります。

ふと見ると、あなたは、
右に退避できる線路を発見しました。
退避した線路の先には、数名の作業員が作業をしています。
もし右に退避すれば、この数名の作業員だけが犠牲になります。

そこで質問です。
あなたは、レバーを動かして、右に進みますか?

(せっかくなので、どちらに行くか決めてみてください)

【質問2】
あなたは今、橋の上から海を眺めています。
そうすると、海で2人の人が溺れています。

そこに、腹ペコの人喰いザメが近付いて来ました。

このままいくと、2人の溺れている人が犠牲になります。

ふと見ると、あなたは、
隣に凄く太っている男が立っているのに気づきます。

もし、この太った男を海に突き落とせば、
人喰いザメはこの太った男だけを食べて帰っていきます。
今、溺れている2人は助かります。

この時、あなたはこの太った男を突き落としますか?

(せっかくなので、これも突き落とすか否かを決めてみてください)

さて、この2つの質問について、何パターンかの回答があります。
この回答を通して、あなたがどのタイプなのかが分かります。

そもそも、
「世の中にはざっくり3種類の人がいる」
と言いましたが、

それは、
1.最大多数の最大幸福を大事にする人
2.個人の自由と権利を最大化することを大事にする人
3.道徳的であることを大事にする人
という3種類です。

もし、誰かと言い争いになったり、
分かり合えないな、、と感じたら、
この話を思い出して頂くと、少しは構図が理解できると思います。

特に、1と3の立場の人は全く話がかみ合わない、ということがよくあります。
1の人は、「あいつら何であんなにバカなんだ!」とイライラして、
3の人は、「あいつら何であんなに冷たいんだ!」とイライラしたりしています。
(この構図は枚挙にいとまがないですね。。。)

さて、先ほどの質問で、
【質問1】で右に行く
【質問2】で突き落とす
と答える人は、1のタイプです。
つまり、犠牲者の数を考えた場合、
全体として最も犠牲者が減ることを考えます。

一方で、
【質問1】でそのままにする
【質問2】で突き落とさない
と答える人は、3のタイプです。
これは、
「自分が他人を殺すという判断は、いかなる場合でもするべきではない」
という道徳心から来ています。

その他のケースは2のタイプです。

すごくざっくり説明しましたので、
詳しく知りたい方は、サンデル先生の本を読んだりすると良いと思います。
(きっと何かしら得るものがあると思います)

さて、余談はここまでですが、
ビジネスパーソンが会社組織等から出て独立するというのは、
どういうことなのでしょうか?

まず、間違いないことは、
「自由を最大化するための手段」
である、ということです。

いつどこで誰とどんな仕事をするか?
そして、いくら稼いでいくら何に使うのか?
これを、全て自分で決めることになります。

ですので、先ほどのお話で1と3ではなかった方にとっては、
自分の持つ正義感に沿った生き方をする、
ひとつの方法だと思います。

また、1のタイプのうち、
経済圏全体のことを考えている方にとっては、
「一定の割合の開業率が、経済全体をより良くする、
しかも、日本の開業率は平均的には少し低い、
だから自分が開業率の向上に貢献しよう」
と考える場合に限っては、
独立する理由があるように思います。

タイプ3の方の場合は、
身近に独立している方が多かったりすると、
なんとなく、「独立すべきだ」という風になっているかも知れません。
ということで、かなり条件付きだと思います。
むしろ、日本のビジネスパーソンの多数派は「会社員」なので、
「会社員として生きることが正義だ」
という方のほうが多いように思います。

さて、あなたはどの程度、
独立すべきである正義感がありましたでしょうか?

もし、あなたの正義感に
「独立する芽」
があるのであれば、
それを全力で支援するのが私達の役割です。

そういう方は、是非一度、
Independenceという講座に飛び込んでみてください。

ビジネスクリエーターズIndependenceでは、
独立の様子、また、そのために効果的な準備について、
できる限り具体的にお伝えし、
できる限り具体的なアクションを起こして頂くように
プログラムがつくられています。

ひとりひとり、
独立した後の姿は違いますが、
それでも、かなり汎用的なポイント、
「知らなかった」「やってなかった」では、
躓きやすいポイントを抑えるようにしています。

6ヶ月継続のコースとして、
以下のトピックを扱います。

10月:独立までの具体的な道のり(生々しいお話をします)
11月:売り込まずに儲かる営業戦略
12月:アイディア発想のメカニズム・ビジネス構築の原則
1月:目標達成の究極のメソッドと理想のライフスタイル
2月:また会いたいと思われる人になるための対人スキル
3月:成果発表(目標・取組み結果の発表⇒フィードバック)

また、
講座は月に1回ですが、
その中でのワークと、次回までの課題があります。

それらを通して、半年かけて、
独立の準備が進むようになっています。

以前の卒業生のコメントも紹介します。

━<卒業生の声>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本当に6か月後に自分の手で稼げるようになっているのかな」
というのが、第一講が始まる前の本音でした。

起業や独立は大変なもの、というイメージがありました。
実際に、継続していくことは「大変」なのですが
小さくとも良いと思えば最初の一歩を踏み出すのは意外と簡単です。

Independenceの大きな魅力は、
その小さな一歩を踏み出せるようなサポートをしてしてくれる
ところだと思います。

講義の内容も実践的、具体的でかつ無理がない!
よくある起業本にも載っていないようなことをたくさん学べる場ですよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もしもあなたが、自分の人生において
「自由の最大化」
に魅力を感じる方であれば、
是非ともエントリーしてください。

あなたとお会いできるのを楽しみにしています。
エントリーはこのページの下にあるフォームにてどうぞ。

━<開催概要>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■講座日時
第1講スケジュール
2015年10月24日(土)
10:00-12:00
※少人数制のコースですので、
 以降はメンバーのスケジュールによって調整します。

■場所
新宿(詳細は受講者にのみ連絡します)

■講師
野村和生(合同会社ビジネスクリエーターズ 代表)
※1回は、ゲスト講師として
 実際にIndependenceのモデルとなった方が登壇します。
 (第4講の時を予定)

■受講料
◇未会員 一般:13,000円/月
     学生:11,000円/月
◇会員  一般:12,000円/月
     学生:10,000円/月
※会員登録は無料ですので、エントリー前に会員登録をお勧めします。
※分割払い希望の場合はご相談ください。
 分割の場合、毎月払いとし、月あたり1,000円増しとなります。

■エントリー

以下のフォームよりエントリーしてください

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属

連絡の取れる電話番号(必須)

性別

年齢

自己紹介(必須)

参加動機(必須)

ご意見・ご質問等