第126回ビジネスクリエーターズLiveレポート『美人管理栄養士、北嶋氏に学ぶエネルギッシュな日々を送る栄養管理ノウハウ』(2014/11/15)
ゲスト:北嶋佳奈氏(管理栄養士)

■基本の5大栄養素
タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル

■7大栄養素?
・    食物繊維
ヒトの体内では消化、吸収されない炭水化物。
現代人のほとんどが不足している。
・    ファイトケミカル
ポリフェノールやカロテノイドなどの植物由来の化学物質。強い抗酸化作用がある。
抗酸化作用が大切。紫外線などの影響で活性酸素が生成され、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりする。
植物は紫外線を避ける事ができないので、抗酸化作用の成分を作っている。
現代人は野菜(食物繊維)が不足している。実際は12-13gくらいしか摂れていない。
食物繊維は水分を吸収したり、血糖値の上昇を抑えたり、腸内の浄化作用等の効果がある。

■適正体重とは?
・    BMI(body Mass index)
=体重/(身長(m)×身長(m)
18.5~25が標準。BMI=22が一番病気になりにくい。
計算方法:身長m×身長m×22

■一日に必要なエネルギーとは?
・    基礎代謝量(kcal)=基礎代謝基準値(kcal)×体重(kg)
例: 30-49歳:男性:22.3 女性:21.7
男性の方が多く減る。筋肉が多い人はより基礎代謝量が増えるので筋肉をつけないと基礎代謝量が減って太りやすくなる。
・    必要エネルギー量(kcal)
デスクワーク中心:1.5 力仕事:2
基礎代謝基準値(kcal)×標準体重(kg)×身体活動レベル
年齢に応じて摂るエネルギー量を変えるべきである。

■一日に必要な食事量とそのバランス / 理想的な食事の摂り方
・    栄養を考える事は大事だがストレスを感じてしまうと良くない。
その指針が食事バランスガイド(発行: 厚生労働省/農林水産省)で、これを参考にすると良い。

※これ以降の部分は完全版レポートに収録されています。
ビジネスクリエーターズLive完全版レポートの提供をご希望の方は、
次回のビジネスクリエーターズLiveのお申込み時に
お申し付けくださいますようお願いします。