第123回ビジネスクリエーターズLiveレポート
crazy wedding山川咲さんから学ぶ
「自分が本当にやりたいことを見つける」ワークショップ
(2014年8月31日実施)
——————————–

こんにちは、平田です。

第123回Liveはcrazy weddingの山川咲さんに講演いただきました。
今回はその講演の一部をご紹介します。

まずは簡単に山川咲さんのプロフィールをご紹介します。

1983年東京生まれ。

大学卒業後、ベンチャーのコンサルティング会社へ入社。
文字通り寝る間を惜しんで働かれていたのですが、

あることをきっかけに、「このまま会社で働き続けていいのか」
という疑問が湧いてきました。

以下、そのときの心境を山川咲さんが今年出版された
本に記載されていたので引用します。

『私は、「こうやって会社や誰かの想いを叶えるために、
親が与えてくれたこの生命のすべてを、これからも使って働き続けるのか?」
という問いにぶつかった。

妊娠の経緯で感じた、親がどれだけ自分を愛してくれていたのかということ、
親にとって子どもがすべてだという感覚を思うと、
自分の人生を生きることを妥協してはいけないと、強く思った。

会社で働き続けることと、自分の人生を自分らしさを発揮して生きることは、
私の中で折り合いが付かないものになっていた。』

山川咲 『幸せをつくるシゴト』 (2014年 講談社)

そして、5年間の社会人生活にピリオドを打ち、退職後一人オーストラリアへ。

帰国後「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを実現するために起業。

crazy weddingの代表として、
完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させ、
crazy weddingはわずか1年足らずで人気ブランドとなっています。

【crazy weddingホームページ】

http://www.crazywedding.jp/index.html

【山川咲さん紹介ページ】

http://www.crazywedding.jp/about_staff.html

■勉強会の様子について
今回の勉強会は告知開始から多くの参加申し込みがあり、
最終的には50名以上のお申込みをいただいたため
急遽増席を行う程の人気の勉強会となりました。

やはり山川さんが女性という事もあり
女性の参加者が多くおられたのが印象的です。

私は事前の打ち合わせでも山川咲さんにお会いさせていただき
その時もかなりの熱量を感じたのですが、
今回はその時以上の熱量でご公演いただきました。

参加者の方のアンケートを見ても

「熱量がすごい!」
「刺激になった!」
「元気をもらった!」

といったような非常に前向きな意見を多くいただき
満足度の高い勉強会となりました。

■山川咲さんが最も伝えたいメッセージ

【crazy or die】

要は熱狂して自分の人生を生きるか、そうしないか

ということなのですが

【単純に後悔しない方を選べ!】

と言われるよりも前向きになれる言葉として刺さりますね。

山川さんは将来、(教育、保険等)様々な分野で2000社の
crazyブランドの会社を立ちあげたいということで
この辺のバイタリティも自分の人生を生きているというところから来ているのですね。

■会社紹介

・元気でパワフル、明るい仕事場
・健康が経営の第一目的
・家族のような空間
・どう働くのか、ではなくどう生きたいかを常に考えている
だからオフィスの蛍光灯の下では働かないで、フランス人住居で活動している。

会社の様子をこう表現いただきました。

昨年12月は全社員で世界一周旅行研修を実践されたそうです。
自分たちが何をなすべきか、これから組織が大きくになるにつれて、
カルチャーは非常に大切となる。その勉強のために、少人数のうちに
1ヶ月会社を休んで社員20名で世界を回ったのだとか。

これもcrazy社ならではですね。

■山川咲 10のメソッド

仕事・人生で大切にしている10のメソッド
他の人と違う哲学・考え方があることが
他とは違う人生と事業を生む

という事で10のメソッドをご紹介いただきました。
そちらをご紹介致します。

1 人は人に磨かれる、他人は所詮他人である

人は人によって変化できる、それを忘れたら成長できない

ただし、所詮他人の話であるのも事実

起業時、周囲は(起業なんて)うまくいかないと言っていたが1年後、

うまくいくと思ったと手のひら返すようになった

自分の人生は自分のために生きなければならない








※これ以降の部分は完全版レポートに収録されています。
Live完全版レポートの提供を希望される方は、
ビジネスクリエーターズのスタンプカードを持参の上で
次回以降の勉強会(ビジネスクリエーターズLive)にて
スタッフにお申し付けくださいますようお願いします。

平田