こんにちは、スタッフのNocchiです。

2015年11月のLiveは、
ストリートアカデミーCEOの
藤本崇氏をお招きしました。

第138回ビジネスクリエーターズLive
レポート
【公開インタビュー企画】
『たった2時間でスーパーキャリア疑似体験!
 MBA留学、外資系、海外勤務…全てを経て起業したCEOへ実体験インタビュー』

実施日:2015年11月14日
ゲスト:藤本崇氏(ストリートアカデミー CEO)

【ゲストプロフィール】
藤本 崇(ふじもと・たかし)

1976年生まれ。
幼少から社会人まで通算15年をアメリカで過ごす。
米コーネル大学工学部修士課程卒、
スタンフォードMBA修了。
ユニバーサルスタジオ、フェデックス、
カーライルグループなどを経て、
2012年に「まなびを自由に、当たり前に」をビジョンに掲げ、
教えると学ぶをつなぐスキル共有サイト
「ストリートアカデミー」を創業。

※ストリートアカデミーが、
カルチュア・コンビニエンス・クラブの
「T-Venture Program」にて
最優秀賞を受賞されました!
おめでとうございます。

【インタビュー内容】
<起業に至るまで>
元々映画が好きで、大学卒業後は、
当時まだ日本に上陸していなかった
米国のユニバーサルスタジオでテーマパークの
乗り物設計エンジニアに。
その後も映画学校入学、フェデックスで物流エンジニア、
レストラン開業を目指し料理学校に通うなど、
20代は様々な道をたどった。

<スタンフォード大MBAへ>
サラリーマンでいる間、もっと外の世界を見たいと思い
米スタンフォード大のMBAへ進学。
ソーシャルインパクトを重んじる学風で、
水面下での努力とNPO設立等の事業家が尊敬される中、
キャリアチェンジや思い切った起業はハードルが高く、
コンサルや投資銀行へ進む人も少なくなかった。

<MBAは起業に必要か>
絶対に必要とは感じない。
自分も起業願望があってMBAを選んだのではないが、
行ったからこそ起業に至ったとは言える。
起業に向けては、先人の話を聞くことが
一番の勉強。

<ストリートアカデミーについて>
ロングテールという概念が好きで、
AmazonやAirbnbのように、
単発の収益性の担保よりも
規模の追求により、選択肢の拡大を追求して
収益を出す方に憧れている。

教育などのコンテンツの
シェアリングエコノミーの発達は
若干遅れていたが、
SNSの浸透によって可視化できるようになってきた。

<起業家の実態とは…>



※その他詳細は完全版レポートに収録されています。

この他にも、リクルート等大手のサービスとの競合、
オンラインとオフラインの差、
学習コンテンツが求め続けられる理由、
起業をしている・志している参加者の方との
Q&Aなど、完全版には貴重なお話が盛りだくさん。

完全版レポートの提供をご希望の方は、
次回のビジネスクリエーターズLiveの
お申込み時にお申し付けください。

なお、当日はご参加頂いた方の為に今回特別に
お話いただいたものもあり、一部記載されていない
内容がございます。

Liveでは、オフレコ情報を含む
詳細な内容を聞けたり、
ゲストや参加者同士での交流が出来たりと
文書だけでは得られない貴重な体験ができます。

次回Liveにもぜひご参加ください。

最新のイベント情報はこちらからご確認ください。