こんにちは、ビジネスクリエーターズ スタッフの大久保です。

第139回ビジネスクリエーターズLiveは
NPO法人 8bit News 代表 堀潤氏にご講演頂きました。

その一部をご紹介します。

—————————————

第139回ビジネスクリエーターズLiveレポート
堀潤氏に学ぶ『情報受信術』
日時:2016年1月11日 14:00-16:30
場所:ちよだプラットフォームスクエア 402
講師:堀潤氏 NPO法人 8bit News 代表、ジャーナリスト

【プロフィール】
堀 潤 氏
ジャーナリスト・キャスター。1977年生まれ。
元NHKアナウンサー、2001年NHK入局。
「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター。

2012年米国ロサンゼルスのUCLAで客員研究員、
日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画
「変身 Metamorphosis」を制作。
2013年、NHKを退局しNPO法人「8bitNews」代表に。

現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、
J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター、毎日新聞、
ananなどで多数連載中。2014年4月より淑徳大学客員教授。

【ご講演】
昨日(2016年1月10日)は福島県の楢葉町に行っていた。
東日本大震災の影響で、去年の9月まで帰れないところだった。
震災後、初めての成人式を取材。

阪神淡路大震災の年に生まれた人たちで、
彼らにとって3.11は楢葉中学校の卒業式の日だった。

家に帰って被災し、みんな住まいがバラバラに。
卒業式は、おそらく彼らが一堂に会する最後の機会。

2006年ドイツワールドカップの年、
楢葉町と富岡町にまたがるサッカー場(Jビレッジ)
日本代表がドイツに向かう前、ここで大きなキャンプを張っていた。

有名な選手が集まり、大フィーバー、周辺は大混雑。
ニュースウォッチ9のリポーターをやっていて、取材に行った

昼に言われて夕方3時、4時くらいに到着、
8時くらいまでに素材を上げる。
あちこちに飛び込んで色々な人に
取材、役場、商工会、青年会議所など。

浜通りというところの鮮魚店にも行ってみたら、
仕出しもやっていてお弁当を出している。
一言お願いしますと言ったら、「このカツオで、絶対勝つお!」
いいところだったな、と覚えていた。

そして3.11東日本大震災。
Jビレッジが避難場所になっていて、
全域避難区域。ほぼ全町民が会津の方へ避難していた。

銀行の支店長も一緒に避難し、
避難先の支店で机をひとつ借りて営業。

その支店長さんを取材に行った時に、
あの魚屋さんはどうしているか…
探してみたが、見つからなかった。

その後、避難先のいわきで頑張っているご夫婦を紹介された。
電話番号を教えてもらってかけてみたら、
それが探していた魚屋さんだった。

奥さんが新潟出身だったのでそちらに避難していた。
再起を図りたいといわきで弁当屋を始めた。

きむらやさん
楢葉富岡に融資を受けて日本料理のお店を出していた。
ところが出店4ヶ月後に被災していた。
前出の支店長が勧めて融資を受けていた。

そのきむらやさんの娘さんが昨日成人式を迎えていた。

現在その地域、浜通りからは東電への
恨みつらみが聞こえてきそうだが
実は原発ができたことで雇用が生まれ、
インフラも整備されていた。
きむらやさんの仕出し先も東電だった。
心中複雑なものがある。

廃炉をやっている東電の福島復興本社。
地元の復興本社と、東京の本社の意識のズレ、ジレンマ。

復興をしっかりしたい、賠償もきちんとしたい。
利益を出さなければいけない、
裁判に負けないようにしないといけない。

一口に「東電」と言っても、中には色々なところがある。

何を指しているのか?まとめて言うと

情報受信術のキモは、
事実か意見か。
ファクトかオピニオンか。


※その他詳細は完全版レポートに収録されています。

完全版レポートをご希望の方は、
次回のビジネスクリエーターズLive
お申込み時にお申し付けください。

最新のイベント情報はこちらからご確認ください。