こんにちは。のむらです。

以前からちょくちょく立ち寄っていたのですが、
このところ、メディアでの紹介もあり、
ずいぶんと人気になったお店があります。

Incubatorというサイエンスバーです。

以前、大先輩と行ったことのないお店(ちょっとお洒落な居酒屋といったところでしょうか)
に招待されて、飲んでいた時に、
「ここのお店の売りはなんですか?」
と、その大先輩が店員さんに聞きました。

そうしたら、
「野菜も肉も魚も、どれでもおいしいです」
という答えが返ってきました。

翌日、その大先輩から電話がありまして、
「ああいう店はいかん」
というお話をされていました。

理由を聞くと、
「何のためにそこに行ったのか、という印象がボケてしまう」
とのことでした。

確かに、お店に行く時には、
行く側からすると、「なぜその店に行くのか?」
があるほうが、良いと思います。

ある店にいる、ということは、
同じ時間に別の店にはいられない、ということですから。

仮に、誰かと行くとした時に、
「なぜこの店を選んだのか?」
が、
「なんとなく」
では、ちょっと失礼な気もします。

誰かを接待等する時に、
金額帯、というのもひとつの表現ではありますが、
金額だけで気持ちを表現するとなると、キリが無いです。

どこかと比較すれば、今、自分の予約できる一番高額なお店だって、
ずいぶんと安いお店かも知れません。

しかし、
●●を味わうには■■
とか、
□□が特徴の○○
というお店であれば、
印象的でもあるでしょうし、
話のきっかけにもなります。

その点で、
Incubatorさんは、特徴が明確なのが良いと思います。

一応は、ワインバーということなんですが、
空間は研究室の如く、
ビーカーや試験官、シャーレ等がちゃんと食器としてつかわれています。
炙りはもちろん、アルコールランプです。

ワインバーとなると、
ワインそのものの話もあるのですが、、、少し角度を変えて、
ワイングラスの洗浄において、実験器具と同じように洗浄がされている、
(つまり、グラスに不純物が残らない)
というのは、個性的な特徴のひとつでしょう。

店内では良い白衣があって、白衣を試着することもできます。

おそらく、あまりにも多くの声を聞き過ぎると、
個性的なお店に仕上げるのが難しくなるでしょう。

アイディアを他人に披露した時に、
その反応は様々でしょう。

時に、他人の反応やアドバイスを捨てる(もっと言えば、お客さんを捨てる)
ということによって、維持できる特徴というのもあると思います。

アイディアというのは、
特徴が維持できてようやく、第一歩なのかも知れません。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は野中さんです。

友だち追加数