こんにちは。
IT大好きNocchiです。

⬛︎以前は米国一色だったハリウッド
わたくし、IT以外に映画も大好きです。
洋画で育ってきたと言っても過言ではありません。

最近は映画館に足を運ばなくなっていましたが、
先日、「ミッションインポッシブル/ローグネイション」を観てきました。
水曜日などのお得デー、以前は1,000円だったのに、
今は1,200円とじりじり値段を上げているのですねぇ。
(この時はたまたま無料券があったのでそれで観てきましたが)

アクションを大画面で観て気を良くし、
そういえばこの後に、「ジュラシックワールド」も観てきました。3D。
そうそう、3Dもですが、映画を見る時はなるべく
スクリーンに対して90度の中央寄りで座るのがオススメです。

網膜から入った光を脳内で再生する際に
より立体的に捉えられる位置がそこに当たるので
端で見るよりもよりリアルに感じるそうです。

閑話休題。

ミッション・インポッシブルシリーズ、大好きで全部シアターで観ていますが
今回驚いたのはスポンサーに中国資本が入っていたこと。
だいたい、SPYGLASSとかFOXとか、最近だとROBOTとかだったのに…

個人的にはベストオブMIPである「2」はジョン・ウー監督で
これはもちろん中国が舞台のメインになっていましたが、
今回はそういうわけでもなく…
いつも通りキューバが出てきたり
どちらかというとロンドンがメインで、
おいおいこんなにMI6を推してきたら
007とモロかぶりだよと思いながら見ていたくらい。

⬛︎劇中に登場するのも中国演劇
まぁ今までもないわけではなかったのですが
要人が集まる重要な舞台ということで
オペラが一つのステージとなるのですけど
そこで上演されていたのも「トゥーランドット」

だいたい、こういう映画だと
劇中歌などが主人公とヒロインの関係を模していたりするので
ストーリー的に中国演劇がチョイスされることもあるのですけど、
今回はお決まりのキスシーンすらない作品だったので
なんか、そういうオマージュ的なものでもないよなぁと…

ちなみに、なぜラブシーンがなかったかで議論になりまして笑
こういう中国文化をちょいちょい入れ込むことが
今回のlove call(From US to China)なんじゃないの的な意見が出て、
誰がうまいこと言えと、みたいな締めで終わりましたが。。
ハリウッドの情勢も、経済がモロに反映されているなぁと思いました。

なお、MIPシリーズではIMF(Impossible Mission Force)という
主人公が属する秘密組織が出てくるのですが
金融に馴染み深い人はIMF(International Monetary Fund)を連想してしまうので
えっ国際通貨基金がそんなことを、という感覚が付きまとうので
なぜかハラハラしてしまうという妙なお約束があります。

明日は鈴木君です。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

BC Liveのお知らせ

敏腕コンサルの戦略的集客術!リピート増のコツ(2015/10/31)

▼集客に困っている
▼リピート顧客を増やしたいが、具体的な方法がわからない
▼売上アップの手段として、手元にある顧客名簿が活かせていない
▼効果的なアンケート調査の方法が知りたい

こんな悩みをお持ちのアナタは、ぜひ10月Liveへ!
講師の秋山氏が実際に行ってきた取り組みから、
アナタの商品やサービスが、リピートして選ばれ続けるための
ヒントがたくさん見つかる2時間です。

お申し込みはコチラ

◆◆スタッフ募集中◆◆

ビジネスクリエーターズでは、
一緒に活動するスタッフを募集中です。
今よりもちょっと成長のスピードを上げたい方は、
ぜひ一緒に活動しましょう♪

友だち追加数