こんにちは、スタッフの大岡です。
暑い夏もようやく落ち着き、秋の気配が強くなってきたこの頃、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか

私は最近、週末時間があればゴルフの練習に通うようにしています。
ゴルフをやっていて思ったことは長年やっているテニスの
癖がゴルフに出てしまっているということ

今は徹底してフォームで矯正中で、その時に意識していることを少しご紹介します。
考え方は他のスポーツにも応用できると思いますので、
少しでも参考になれば幸いです。

1. 正確なフォームを覚える
特に強く意識しているのがグリップ。握り方でテークバックの運び方や
面の当たり方が変わってくるので正確な握り方を覚えます。
その時に大事なのが、なぜこの握り方なのか?と疑問に持つこと
手首を動かせるから?固定できるから?
クラブによって違いますが、握り方やフォロースルーを
理解しておくことで、自分で補正できるようになります。

2. ミスショット時の原因を自分でわかるようにする
ミスショットした理由は何でしょうか。ボールと構えの位置が遠かったか、
膝が伸びていないか、手が縮こまっていないか、
理由を自分でわかるようにし、意識して補正します。

3.  補正する練習方法を覚える
フォロースルー時に腕のひねりが上手くできていなければ、短いクラブで
そのための練習をする、足が伸びるようであれば、膝を閉じて膝を曲げる感覚を覚える
等々、自分の弱点を補強する練習方法を知るところから始めます

4. 順序を守る
素振りでスイングの確認→補正練習で修正箇所を練習→通常のスイングで試す
というサイクルを繰り返す

いきなり打ち始めても上手くなりません。
球数も大事ですが、闇雲に練習しても変な癖がついてしまうと困るので、
上記を意識しながら練習に励んでいます。

スポーツは何でも本格的にやろうとすると時間がかかりますね。
BCでもそのうちスポーツ大会などやると面白そうですね。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。