こんにちは、BCスタッフの平田です。

人類の夢の一つである宇宙旅行
最近、民間でもロケットの発射が出来るようになっており
その実現向けて着実に世界は進んでいます。

堀江貴文さんやイーロン・マスクさんなんかが、
民間ではメジャーになりつつありますが、民間企業も負けてはいません。
大塚製薬とアストロスケールがプロデュースチームとして主導するルナプロジェクトがあります。
http://lunar-dream.com/about/

これはポカリスエットを月にもっていくというプロジェクトで、
一見すると、「よくあるやつじゃん?」「前もそんなのあったよね?」
という声が聞こえて来そうです。

確かに世界初!とかの要素はないのですが、”ただ”ポカリスエットを月に持っていく
という事に色々な企業が関わっていて、ものすごい時間とお金がかかっています。
なぜそれだけ時間とお金をかけているのかというと、将来月に移住した際、
そのポカリスエットをタイムカプセルのように開けるということを想定しているので、
ラベルの染料までしっかりと宇宙で”使える”仕様になっており、
ディティールにすごくこだわって作られているからなのです。

そのディティールを支えるのは、もちろん日本のものづくり産業。
こういう技術のおかげで日本の産業は世界で生き残れているのですね。

パシフィコ横浜ではこれのパネルディスカッションもあるようです。
http://www.nikkan-event.jp/nh/kouenkai.html#date0908

話を聞いてみたいですね!

では。

面白かったよ、という方は、 Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。

明日はこばめぐです。お楽しみに!

友だち追加