こんにちは~
松葉佐です♪

先日、日経新聞に掲載されていましたが、クロネコヤマトで
お馴染みの「ヤマト運輸」が個人商店や中小企業向けに
インターネット通販の支援サービスを6月から始めるとのことです。

これはスゴイと個人的に思ったのですが、何がスゴイのか!といいますと
2つ理由があります。

インパクトその①

・新サービスが斬新

これまでは、自社のHPや、楽天またはAmazon等の通販サイトで受注
してから、佐川や日通等の配送業者へ配送手続きを踏んでいました。

詳細はまだ不明ですが、受注や配送の管理業務も一本化できるサービス
を始めるようです。

また首都圏内であれば即日配送を行い、受取方法については会員制の
サービス限定だったコンビニでの受取も中小企業に開放するとのこと
です。

インパクトその②
・小売や流通業界に影響がありまくる

近年ショールーミングという言葉を良く聞くようになったと思います。

ショールーミングとは、店頭でみた商品の良し悪しを見たり、また
価格.comの様な比較サイトに掲載されている、安い値段で買い物をしたり
することですが

今後、新サービスの利用者が増えることで店舗数も多く、また大規模な
店舗を構えている家電量販店等には大ダメージを受けるかと思います。

というのも、ネット通販の利用者が増えることで、広いスペースのある
店舗だと賃料や光熱費、また接客する人員が多ければ多いほど固定費
が余計な負担となるからです。

先日、ヤマダ電機が46店舗を閉鎖すると発表がありましたが、ヤマト運輸の
新サービスが、更に追い打ちをかけるものかもしれません。

これを見越したかの様にですが、TSUTAYAの運営会社の
カルチュア・コンビニエンス・クラブが二子玉川で蔦屋家電をオープン
しました。

この新業態は、「生活提案型」の商品販売と、販売する家電に精通する
各分野のコンシェルジュが接客をすることで満足度の向上とサービスに
付加価値を加えております。

ネットを活用した新サービスで、ダメージを受ける企業もあるかと思い
ますが、既存のサービスを磨いたり、改善することで付加価値をつける
ことで危機をチャンスに変える機会にして欲しいと思います。

役に立ったよ、という方、(役に立たなかったよ!という方も)
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は平田さんです。

友だち追加