おはようございます、BCスタッフの平田です。

日本時間の5/3 午前中にメイウェザー vs パッキャオの試合がやっていました。
ボクシングのタイトルマッチです。
GIGAZINEなんかにも取り上げられたので知っている方も多いのではないでしょうか。
http://gigazine.net/news/20150502-mayweather-vs-pacquiao/

私がこの試合を知ったのは先週カルフォルニアに行っている時です。
どこのバーに行ってもこの対戦の張り紙ばかり。
よほど有名な選手なのかな?と思っていたら一緒にいた同僚が、メイウェザーは世界で一番稼ぐスポーツ選手だよ、と。
長者番付ランキング:http://www.forbes.com/athletes/list/3/#tab:overall

てっきり一番はタイガー・ウッズかと思っていましたが、ボクサーなんですね。
しかもウェルター級。ボクシングってヘビー級以外お金にならないんだと思っていましたよ。。。
ランキングの上位をみると意外と野球選手が少なくてびっくり。
スタジアムも広いし、試合数もダントツで多いので収入は多いはずなのに、、、と思ってスポーツ別に集計してみたら
やっぱり野球が一番給料もらえるみたいです。

こうやって見ると団体スポーツがやっぱり多くなりますよね。
バスケやゴルフなんかはスポンサー契約料みたいなのが多いんだな とか
サッカーは一部のスターにたくさんお金を払っていて、野球は色んな選手を分配しているんだな
というのが分かります。
そういう意味で極論するとサッカーは超資本主義、野球は意外と平等主義ですね。
(いやあえて対比するなら、、、ですよ。ここまでの額もらってたら多い少ないはあんまり関係ないですヨネ。)

スポーツ 給料(百万ドル) 総額(百万ドル)
Baseball 555.3 585.9
Basketball 355.2 526.9
Soccer 351.5 472.5
Football 340.4 385.8
Boxing 189.5 195.8
Racing 121.6 150.1
Tennis 49.8 203.8
Golf 42.4 177.6
Cricket 4 30
Track 0.2 23.2
総計 2009.9 2751.6

これをモチベーションに今日も頑張りましょう!
では。

面白かったよ、という方は、 Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。

明日はこばめぐです。お楽しみに!