おはようございます、ビジネスクリエーターズ スタッフの平田です。

先日友人との飲みの席で離婚率の話になりました。
そこでの結論はお見合いの方が離婚率が低いのでは?ということです。
(統計を取ったわけではなく、勝手な推論による結論ですのであしからず。)

なぜならお見合いならば

・情に流されて結婚することがない。
→恋愛だと長く付き合ってくると情が生まれて、ある程度嫌なところは目をつぶってしまう。

・最初から大きな感情の起伏がないので、想定より悪いことが起こっても感情がそれほど下方へ向かわない。
→恋愛だと感情が高ぶった状態からスタートするので悪いことが起こると反動が大きい。昔はあんなこと言わなかったのに。。。みたいな。

・結婚生活において必要な要素を客観的に判定できる
→恋愛だと年収とか家庭事情とかをそれほど重視しない。というかそこを中心に見るのは悪、みたいな感覚。

というメリット?があるからです。
私はまだ未婚なのでなんとも言えないですが、お見合い結婚又はそれに近い形で結婚した人はわりと割り切ってる感じがしますね。

第13回出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所の調査によると
お見合い結婚の数は例年下がっていますがここに来て底を打った感じがあります。

トレンドは繰り返す可能性があるので、ここからこの数字が上がってくるかもしれませんね。

事実婚など正式な結婚しない人も増えているので、もっと合理的な世界になると
お見合い結婚で生涯のパートナーを選んでおきながら恋愛もする、みたいなことが当たり前の世界になるかもしれません。
仕事は仕事、家庭は家庭、恋愛は恋愛。

みなさんはどう思いますか。

では!

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。 会員登録は無料です。

明日はこばめぐです。