おはようございます、スタッフの平です。

先日、Yahooニュースで、山手線の中吊り広告が消滅する記事を読みました。

2015年秋に山手線の中吊り広告消滅 電車広告の未来図を予測

少し前から、”デジタルサイネージ”という広告の電子化が加速しており、
電車の中吊り広告もいずれはデジタルに置き換わるんだろうなと思っていましたが、
思った以上に早かったですね。

さて、このようにデジタルサイネージが普及すれば、
印刷業界の方は大変厳しい反面、別の業界の方たちにとっては新たなビジネスチャンスが到来してきたということになります。
私はアドテック(広告配信)、O2O業界が今後さらに賑わうのだろうと思っています。

記事に書かれている通り、デジタル化したことでスマホ連携することが容易になりますし、
より精度の高いレコメンド記事が顧客に届けることが可能になります。
そうすれば顧客の購買意欲がより高まりやすくなるでしょう。

ただ、そんな情報を望ましいと思わる方がいれば
気持ち悪いと言う方もいるので、
そういうレコメンド記事が要らない人向けのサービスを提供すれば
ニッチなビジネスが展開できるのだろうか?と少し考えたりもしています。

ちなみに私はデジタルサイネージ等には賛成ですので、
今後の動向が楽しみだったりしています。

役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は平田君です。