こんにちは、スタッフの大久保です。

事前予想どおり、iPhone6が発表になりました。

アップル好きの自分としては、毎回この発表を楽しみにしているわけですが、一つ残念なのが、年をおうごとに発表前に製品に関する情報のリークがひどくなっていることです。

たしかに、iPhoneなどは画面を大きくするとか、カメラの性能をちょっとあげるとかくらいしか変わらないので、いまのように発表までアップルから情報を一切出さずに、発表会で一気に発表するスタイルは古いといえば古いと思います(これについては以前にブログでも書きました)。

そして、隠すからこそ、情報を事前に知ったら言いたくなるというのも、とてもよく分かります。

ただ、アップルがそのような方針であるにもかかわらず、iPhone生産ラインの工場からリークするのは、いかがかと思いました。

生産しているところなので、もちろんiPhone実機は発表前に手に入るのですが、それをドヤ顔で画像をアップしたり、実際に操作しているところを動画でアップするのはモラル的にどうなの?と思います。

(ちなみに今回Apple Watchの発表もありましたが、こちらの事前リークがなかったのは、まだ生産ラインにのせていなかったから、ということが導きだせます)

アップル側とすれば、そういうことがたびたび起こるようであれば、いくら安いコストで生産できても、今後はその工場もしくは国では生産をとりやめることを考えるのではないかと思います。

一時的な財欲や名誉欲のために、情報をダダ漏れさせることって、結果的に自分で自分の首をしめているだけでなく、自分の国にいる他の人の首までしめる行為なんじゃないかと思いました。

以上、iPhoneの新製品発表を通してモラルについて考えてみた話でした。

面白かったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は野村君です。お楽しみに!