こんにちは、大岡です。

みなさんはどんなGWを過ごしましたか?
私は箱根の温泉宿で疲れを癒してきました。

温泉に入っていたら、あれ、、、
内湯と露天風呂のお湯の色が違う。

内湯は白濁色だが、露天風呂は透明、はて?

従業員の方に話を伺う機会があり聞いてみると、
乳白色の濁り湯は大湧谷(長寿のたまごで有名な)から直接
引いている一方、透明の湯は地下からくみ上げているため
泉質が異なるようです。

ちなみに白く濁ったお湯も涌き出したときは透明で、
空気に触れると白く濁るようです。

同じ宿で泉質が異なるなんて面白いですね。

ちなみにこの白濁の湯を楽しめるのは箱根の中でも、
仙石原温泉、強羅温泉の一部、他少数しかないとのこと。

今まで料理や部屋の雰囲気で宿を選んでいた皆さん、
宿によって温泉の質が違うので要チェックですよ。

白濁の湯、それだけで満足感高いです。

温泉宿は多くの文豪がこもって執筆活動をしていますよね、
みなさんもお気に入りの温泉宿を探してみてはいかがですか?

役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。