こんにちは、ひらたです。

最近、縁あって嶋浩一郎さんの本を読んでいると
嶋さんはB&Bという本屋居酒屋を出しているという情報をゲット。

面白そうだ!ということで行って来ました。

参加した会は
【清正光博×松井祐輔×内沼晋太郎「新しい本屋と、
新しい出版社をつくった、<B&B出身>の2人の話」】
というテーマでした。

出版業界に疎い私にとっては、出版の取次ぎ業者の話など
本屋の裏事情をいろいろ聞けて楽しかったのですが、
それよりも印象に残っているのは、「本屋だけでは儲からない」
という講演者の発言と本の販売を大きな収益源としていない
B&Bのビジネスモデルです。

例えばB&Bではイベントをしている間は店の半分が
立ち入り禁止みたいになるので、
自然とその位置にある本は誰も見ることができないのです。
つまりその間は本を売る機会が激減します。

また、本屋でビールが飲めるのですが、本にこぼすと
もう売り物になりませんよね。

じゃあどこで儲けているかというと例えば飲み物。
嶋さんの本によると、飲み物の利益率が高いので
本が汚れてもペイできてしまうらしいです。

また、イベントは2000円と良心的ですが、ワンドリンク制で
休憩を挟むためなんとなく飲み物を2杯目を買ってしまうというよくできた構成。
私もついつい2杯目をオーダーしてしまいました。

いや、よくできてます。

ビレッジバンガードでこういうのがあったら
面白いのになー。商品の実演販売とか。
(スペースないか。。。)

ではまた。

役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日はベツキーです。