こんにちは。のむらです。

モチベーションを高く保つ方法というのが、
チラホラ話題になったりします。

特に、年始になると、「今年こそ本気出す」という感じで、
あれこれ考える方が増えたりします。

そういう私も、今年から本気出します。笑

さて、「やるぞ!」と思ったものの、
3日経ち、2週間経ち、3ヶ月経ち、、、
となると、当初の志もほどほどに、
元の状態へと戻ってしまうこともあります。

私がこれまで見聞きした範囲ではありますが、
モチベーションの源泉が、自分のことである場合、
けっこう、挫折する可能性が高いです。

どうしてそうなるのかを考えてみました。

今日生きていて、昨日生きていたという実績がある人にとっては、
「別に、昨日の自分だって生きていたじゃないか」
という、確固たる根拠があります。

自分に閉じて自分をどうにかしようとしたところで、
実際には、変わらなくても良いじゃないか、と、
昨日の自分に戻るのはとてもカンタンなことなのです。

例えば、「高額な時計を買うぞ!」と意気込んだものの、
「別に、その時計してなくても昨日もそれなりに生きていたじゃん」
ということに気付いてしまうと、
あっという間にモチベーションが落ちてしまったり。。。

そこで、コツというと間違いだと思いますが、
(つまり、だからそうしよう、とするのは間違い)
結果論としては、他人を巻き込んだモチベーションのほうが、
諦めることが難しくなったりします。

これは、他人はどうがんばっても自分とは違いますから、
他人を巻き込んだモチベーションが消えてしまうと、
一緒に、その他人まで消えてしまうからです。

モチベーションを上げたいと考える人に限って、
自分のことばかり考えて、結局、たいしたモチベーションが得られない、
というのは、皮肉な悪循環でもありますが、
しかし、そういうループで空回りしている間に、
時間だけが過ぎている、という例はけっこうあります。

となると、
自分以外の他者に愛情や思いやりを持って生きようとすれば、
モチベーションは保たれるわけです。

もし、モチベーションのことで悩んでいる方がいましたら、
今一度、自分が何を動機としているのかを
振り返ってみるのが良いと思います。

とはいえ、モチベーションに影響されない仕組みを考える、
というのも大事なことです。

超一流のアスリートが、「今日はモチベーションが低かったので」
なんてことを、結果が良くなかったことの理由にはしないわけで、
モチベーションが高かろうが低かろうが、結果を出せる方法、
というのを準備するのが本当のプロとも言えます。

役に立ったよ、という方は、
Facebookページにいいね!もして頂けると嬉しいです

受付中イベント情報はこちら

まだの方は、ビジネスクリエーターズへの会員登録をどうぞ。
会員登録は無料です。

明日は八須くんです。