こんにちは。小沢です。
前から気になっていた国立国会図書館に初めて行ってきました。
国会議事堂の前を横切ってやっと到着する大きな図書館です。
まずは、利用登録から。
入り口には利用登録を説明するためのお姉さんがスタンバイ。
懇切丁寧に登録の仕方を教えてくれます。
待っている人が少なければすぐに利用登録は終了。
利用カードをいただきます。
いざ入館、の前にロッカーへ。
透明な袋の中に最低限の貴重品だけ入れて、あとはロッカーにいれます。
やっと入館です。
入り口には警備のお兄さんがいます。厳重です。
入るとすぐに資料検索のPCがずらりとお目見え。
このPCには自分の利用カードを設置する機械があり、
カードを置くことで、見たい資料が見つかると、すぐ閲覧申し込みができるのです。
このPCブースにもずらりと説明用のお姉さんがスタンバイ。安心です。
で、いざ検索して資料を申し込み!
と思いきや、なんと私が見たい資料はことごとく書庫に入っていたため、そういう資料は18時までしか閲覧申し込みができないとのこと。
ちなみに、国会図書館の開館時間は19時まで。
つ、・・・使えない!!
人員を手厚く配置していただくのは良いが、もうちょっと国民の利便性を考えて、開館時間長くしてもらえませんかね。
日曜日、祝日はお休みですが、土曜日は17時まで空いてます。
ただし、資料閲覧を申し込みは16時までなのでご注意を。
あと、個人への貸し出しは行っていません。閲覧、複写のみ。
普通の図書館には置いていないようなマニアックな本や雑誌がたくさんあるので、色々使いたいのだけど、使いにくい大きな図書館です。笑
RBCへの無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。