こんばんは、樋口です。
来週土曜日(11/26)に開催される第90回立教ビジネスクリエーター塾定例勉強会では、
『サラリーマンのまま社内で起業できる方法』-14億円社内起業サラリーマンに学ぶ思考術-
と題して、講師に俣野成敏さんをお招きします。

事前勉強として俣野さんの著書を拝読させていただきました。
社内でプロフェッショナルとして活躍するためのビジネスマインド・知識・スキルが
満載されており、非常に参考になる内容でした。
リストラ予備軍から、新しいビジネスを社内で創り出すことによって、
最年少役員まで上昇した俣野さんの所管だからこそ伝わってくる説得力があります。
掲示されていた74のポイントのひとつひとつについて、
自分の働きかたを検証する場を設けてみたいです。
今週土曜日の勉強会がいまから楽しみです。
そのなかでも特に、電撃的に痺れるような感覚に陥ったフレーズがあります。
 「プロは上司を出世させる」
この発想はいままでなかった・・・
「社長の視点で仕事をする」
「少なくとも二階級上のポジションの人の視点で仕事をする」
「経営のビジネスマインドをもつ」
この段階で自分の発想と行動は留まっていました。
呆然とさせられますね。
自分のいまの上司を昇進させるためには
どのようなインプット・アウトプット・スループットが必要なのか、
そんなことを考えて行動に移してみたいです。
「あいつを部下にすれば出世できる」
そんなことを上司陣から言われるようになったら最高じゃないですか。
昇進請負人、なんかJリーガーみたいですね。
サラリーマンだからこそ感じ取ることのできるこの感覚、
最大限に活かして、活用していきたいと思います!
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須さんです。