おはようございます、樋口です。
会社員生活も6年目。
仕事のすすめかた、という意味では、周囲の管理職からの
プレッシャーが格段に強まった気がしています。
それはそれで大変ですが、実際は楽しいものです。
RBCのスタッフで培ってきた業務設計のヴィジョンと、
勉強会のなかで学びとってきた経営のビジネスマインド、
そして知識・スキルをフル活用して、
成果を少しずつ出しつつあることの反響なのかもしれません。
そのようななか、あ他部門で懇意にしている上司からふと伝えられたメッセージが印象的だったので、
ここに刻んでおきます。
———————————–
これから5年間で以下の点を意識しろ。
「組織の中長期計画を実際に描く」
「そのうえで、自分より二つ上のポジションに
 立った仕事をして、人を動かせ」
———————————–
身にしみて感じさせられる文言ですね。
RBCの運営や勉強会を通じて一貫して意識づけられた、
経営の視点をもって動く、という行為が
組織のなかでフィットした感覚を覚えました。
では具体的にどう動くか?
という実装フェーズにきたときに、
どういったアクションプランをとっていくのか。
日々のちょっとした意識付けや何気ない行動にも
裏付けされてしまう根本の部分。
意識を常にもって、主体的に行動することに
全ては帰結するんでしょうね。
頭のてっぺんから爪先に至るまで、
全身全霊で学びの姿勢を貫いていきたいと、
決意を新たにしたのでした。
RBCへの会員登録は今すぐこちらから
明日は八須さんです。