こんにちは、スタッフの大久保です。
すでにご存知の通り、2011FIFA女子ワールドカップにて日本が優勝しました。
決勝のときは、1点目も2点目もアメリカに先に取られていましたが、
後からきちんと追いつく、日本選手のあきらめない気持ちに感動しました。
さて、今回の決勝戦の中で、
PK前の日本選手の円陣が和やかな雰囲気だったこと、
そして何より監督が笑顔だったことが特に印象的でした。
日本の初優勝がかかっている、
あの状況で監督が選手を笑顔で送り出したことが
選手に気持ちの余裕を与えたのではないかと思いました。
「選手を勝たせてやりたい」という監督と
「監督のために勝ちたい」という選手。
監督と選手の間に信頼関係ができていたからこその
優勝だと思わずにおれませんでした。
RBCの勉強会への参加はまず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!