こんにちは。小沢です。
ペプシがまた新商品出しますね。
「ペプシ エナジーコーラ」
http://www.suntory.co.jp/news/2011/11088.html
この商品の特色は
「 おいしく飲みながら“エナジーチャージ”」
「コーラでありながら栄養ドリンクのような味わい」
「ローヤルゼリーエキス・カフェイン・アルギニン・高麗人参エキス・ガラナエキスを配合」
「日本オリジナルのコーラ飲料」
で価格は 250ml缶143円とやや割高です。
ということを見ていると、
今回は缶飲料でいつもの限定のキワモノ味(失礼?)のペットボトル飲料とは異なるのでしょうか。
これを題材に、学生にペプシエナジーコーラのSTPについて考えてもらいました。
もちろんペプシはすでにSTPを行った上で商品が完成されているのでしょうが、
自分がこの商品を売るなら、
どういう切り口でセグメンテーション(S)して、
どのセグメントをターゲット(T)にして、
そして他社商品とどう差別化してポジショニング(P)するのかを考えみました。
学生に考えてもらったところ、
コーラ好きの部活学生、
クラブで徹夜で踊り狂う若者、
栄養ドリンク代わりに飲むビジネスマン、
元気を出したい年輩の方、
ローヤルゼリーなどエキスに飛びつくアラサー女性
など様々なターゲット像がでてきました。
さて、実際、ペプシが設定したターゲットは誰なのでしょうか。
今後のプロモーションなどが楽しみです。
無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。