こんばんは、樋口です
数年前、RBC定例勉強会後のランチ会にて、
自己啓発書の読みかたについて聞いたことがあります。
「成功者の体験や考えかたを読んで、
 自分の考えかたが正しいかどうかを確認するため」
この辺、最近かなり腑に落ちてきます。
先日、『エンゼルバンク』を拝読したところ、
桜木弁護士の台詞に似たようなコメントがありました。
メンタルの道標というよりは、自分の考えかたにしっくりくるワーディングをみつけたり、
頭のなか体系化する手助けをするために読む、ヒントのような役割。
自分に一見関係なさそうなことに積極的に取り組んでみる、
というスタンスを最近意識しているので、なお一層勉強になります。
困ったから読む・・・という位置づけではなく、
あくまでも手助けとして濫読していきたいと思います。
周辺知識のインプットもできるわけだし、
自分の資産として蓄積していきたいですね。
RBCの会員登録はこちらから
明日は八須さんです。