こんにちは。小沢です。
マルイの鞄売り場をぶらいついていたら、こういうものがありました。
マルイも顧客と商品の共同開発をやっていたんですね。
鞄やら靴やら、あれだけ商品数が並んでいるのに、何故かぴったりくるものがない。
だからこそ、お客様と共に商品を企画、開発するのでしょう。
マルイは店頭でもネットでも車内広告などでも、顧客と共同開発したことをきっちりプロモーションしています。
こういう試みは大丸も昔からやっています。
カスタマーズ・ビューという企画です。
ここも共同開発の商品が発売されるとしっかりプロモーションしていますね。
顧客の声を聞いて、商品開発に活かしているところは多々あると思いますが、
それをしっかり顧客にアピールすることが大切です。
どういうプロセスで共同開発したのか、
どこに顧客の意見を取り入れたのかを明らかにすることで
商品と企業への共感が得られるのでしょう。
顧客との共同開発で、痒いところに手が届く商品が次々生まれることを期待しています。
無料会員登録はこちらから
明日は大久保さんです。