こんにちは、大久保です。
前回に続き、iPhone4について書きます。
今回は機種変更・買い増し編です。
タイトル通り、
iPhone3Gもしくは3GSユーザーが
iPhone4に機種変更(買い増し)したい
場合のことについて書きます。
01.iPhone3Gもしくは3GSを割賦で購入した方
 iPhone4を購入した後も3G・3GSの割賦残金は残りますので、
 一時期だけ端末の割賦代金が2重で請求されることになります。
02.iPhone3Gもしくは3GSを一括で購入した方
 3G・3GSを一括購入したことにより、
 月月割で毎月基本料から引かれている分の
 アドバンテージが無くなります。
 つまり、結果的に端末の代金が高くついてしまう
 ということですね。
 (それでも、iPhone4が欲しいという方も
  いらっしゃるでしょうねw)
最後に、ビジネスクリエーター的な視点で
iPhone4の機種変更・買い増しを考えると
「iPhone4に機種変更したことをビジネスにつなげる」
という姿勢が大事なんじゃないかと思います。
例えば、以前に定例勉強会で講師をしてくださった
税理士の吉澤大さんは
iPadや新しいiPhoneは必ず購入して、
それを持って顧問先に訪問されるそうです。
発売直後のiPadやiPhoneは、
持っているだけで価値があるもの。
持っていくだけで喜ばれるものです。
そうやってお客様とのコンタクトをとることで
コミュニケーションがとれて、お客さまと継続的な関係づくり
更には口コミで新しいお客様を紹介いただくそうです。
単なるツール好き・ガジェット好きに終わらない、
ビジネスにつなげるのがビジネスクリエーター。
そんなビジネスクリエーターが集まるRBCのの勉強会への参加は
まず会員登録から。
明日は村上君です。
お楽しみに!