こんにちは、大久保です。
今回から6月24日に発売されたiPhone4について
全5回シリーズで書きます。
今回は機能編ということで、
3GSと比べて4は何が変わったのかをまとめます。
01.ディスプレイ
 iPhone4のディスプレイはRetinaディスプレイというものを採用し、
 解像度が高く、驚くほどキレイに見えます。
 これはご覧頂かないとわからないので、
 まだご覧になられていない方はお近くのAppleストアでご覧ください。
02.マルチタスク
 日本の携帯電話(通称:ガラケー)ではすっかりお馴染みのマルチタスクですが、
 ようやくiPhoneにもマルチタスク機能が搭載されました。
 それも、1つのタスク中にホームボタンを2回押すだけ、
 というシンプルな操作性。
 ちなみに、画面のロックもこのマルチタスク画面で出来ます。
03.ビデオ通話
 今までは背面にしか無かったカメラが、全面にも搭載されたことによって、
 ビデオ通話(テレビ電話)が可能になりました。
 映像も使うことで、新しいコミュニケーションが生まれます。
04.HDビデオ
 iPhone3GSでもビデオは録画できましたが、
 どちらかと言えばオマケ程度に過ぎませんでした。
 それに比べ、4は本格的に録画ができ、有料アプリを使えば編集も可能です。
05.バッテリー
 iPhone3GSでは唯一の弱点だったバッテリーも、
 4は持ちが格段によくなっています。
 これはとても嬉しですね!
また次回も続けます。
☆RBCの勉強会への参加はまず会員登録から☆
明日は村上君です。
お楽しみに!