こんにちは。満木です。
週末に歌舞伎を見てきました。
歌舞伎座の改装前になんとか行きたいけど
人気の演目はチケットが入手できずうなっていたところ、
海老蔵と獅童が出る演目のチケットが転がり込んできました。
「歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎」 
前から気になっていながら、初めて見に行ったのですが、
百聞は一見にしかずですね。
わたしの歌舞伎についての知識は
テレビの特集と林真理子さんのエッセイ程度しかなく
それによると、お金持ちが着物を着て見に行くイメージでした。
実際行ってみると、みなさん服装はカジュアルですし
歌舞伎座の中は縁日みたいにお店が出ているし、
お茶とかお菓子を食べながら見ているし、庶民の芸術だということがわかりました。
長らく誤解していたのが悔しいです。
やはり気になったらすぐに突撃せねばですね。
百聞は一見にしかずを実感です。
RBCの勉強会も百聞は一見にしかず。
会員登録がまだの方はご登録を
今週18日の勉強会は申込み多数につき定員を増員しました。
お申込みがまだの方、ぜひお申し込みください。