こんばんは。八須です。
前回に引き続き、人脈の作り方についてです。
前回は、異業種交流会に行ったからといって、
すぐに人脈はできない、という話でした。
でも逆を言えば、時間をかけ、真っ当なことをしていれば
誰でも人脈を築いていくことは可能だと。
人脈作り・・・というか、人と仲良くなるためには
3つの基本的な方法があります。
まず1つめは、良い印象を与えること。感謝されるようなことをすること。
当然ながら、自分に酷いことをする人と仲良くなりたがる人はいません。
難しいことかもしれませんが、常に「自分はこの人に何ができるだろうか」
ということを考えながら接するということです。
何が喜ばれるかわからなかったら、相手に聞いてもいいんじゃないでしょうか。
少なくとも、役に立ちたいと思っていることは伝わりますから。
2つめは、接触回数を重ね、接触時間を増やすこと。
心理学で言うところの単純接触効果ですね。人は、会った回数が
多ければ多いほど、その人に対し好印象を抱くようになります。
ただ、元々悪印象を持っていると、何度会っても悪印象のまま、
ということもあるらしいので、最初に良い印象を与えるのが
重要になるわけです。
3つめは、相手と同じ言語を話すこと。
日本語とか英語とか、そういうことではありません。
いわゆる業界用語を使ったり、趣味の話題についていくなどして、
「仲間意識」を持ってもらうということです。
その為には、事前に相手について調べられるだけ調べておく必要があります。
それが不可能なら、まずは相手にしゃべらせる。この人は何に興味が
あって、どんな言葉を話すのかということをまず把握する。
自分のことばかり話して相手の話を聞こうとしない人は
よほど面白いネタを持っているのでもない限り仲良くなってはもらえないでしょう。
以上、人脈作りの方法3つを挙げました。
ところでこれを簡単に、一度にできる方法があります。
前回にも書きましたが、継続的に行われる勉強会に参加することです。
会の内容が前向きで、意欲的なものであれば、そこに参加している人は
そういう良い性格の人だと思われる(1)でしょうし、
継続的に行われているので参加し続けるだけで接触回数を増やせ(2)、
勉強会で聞いたことについて話し合うことは、まさに同じ言語を使うこと(3)です。
というわけで、人脈作りの場にも使えるRBCへの会員登録はこちらから。
明日は新メンバーの阪倉さんです。