こんばんは、樋口です。
昨日のプレゼン大会の様子はまた改めて書くとして、
今日は休日ということで『おくりびと』のDVDを鑑賞しました。

死という難しいテーマに向き合いながら、
映画から滲み出る、日本のスピリチュアルな部分が
美しく表現されていました。
山形の自然の雄大さとモックンのチェロの演奏、
そして繰り返される『おくりびと』のメロディーが、
静謐な時間を与えてくれたのでした。
人間として死とどう向き合うか、
ひとりの人間の死によって思い返される絆や意思の力、
ということを改めて考えさせられる映画でした。
感動した!だけではRBCブログにならないので・・・
ビジネスクリエーターとして心に響いたフレーズがありました。
 「誇りをもっていまの仕事をしていますか?」
このメッセージが強く心に響くのでした。
納棺師、という仕事は人の死に関わるダーティーと思われる仕事。
人間の尊厳を常に感じながら、高い誇りをもって接し続けていく主人公の姿。
自分に照らし合わせて考えてみると情けなくなることが時々あります。
天から与えられた自分の仕事、
命をかけて誇りをもって進めていきたいと強く思うのでした。
RBCの定例勉強会、ビジネスクリエーターとして成長させられます。
会員登録をどうぞ。
明日は、大久保さんです。