こんにちは、樋口です。
先日会員限定メルマガにも書いた話。
2009年、小さな目標をひとつ立てました。
  「ひと月一曲」です。
最低でも一ヶ月に一曲、
ピアノの曲を完成させるということ。
私にお会いしたことのあるかたは
想像もつかないかもしれませんが、
実はピアノが趣味なのです。
ただし、大学時代パイプオルガンばかり
弾いていた私にとって、ピアノは似て非なるもの。
打楽器のようなものです。
近所迷惑にならないような時間帯を捻出して、
集中した練習をするのはなかなか大変です。
1月・2月は序盤戦ということもあり、
アンジェラ・アキさんの”手紙”や、
木山裕策さんの”home”等、
ピアノの旋律が綺麗な曲を選んで練習しました。
いまはMr.Childrenの”GIFT”に挑戦中です。。
 
ふと、感じたのですが・・・
ピアノの練習ってビジネスに似ていますね。
ビジネスに必要な要素は、
ピアノに通じるものがあります。
・計画的にタイムマネジメントを行う。
・「曲の完成」というゴールに向かい、
 進捗管理を随時行う。
・全体から部分へ進む。
・曲を構成する論理をつかむ。
・プロセスを因数分解して考える。
・背景のリサーチがよい成果を生み出す。
・誰かに聴いてもらってPDCAサイクルを回す。
・小さな成功体験を自分への刺激にして次へ進む。
・インプットすればするほどアウトプットしたくなる。
・そしてアウトプットの質があがる。
ビジネスクリエーターとして必要なものを、
改めて感じさせてくれるのがピアノかもしれません。
・論理だけではなく、感性で伝える。
・「人に今まで味わったことのない感動」を与える。
ビジネスで学んでいることをピアノに活かしつつ、
ピアノで学んでいることをビジネスに活かして、
付加価値の相乗効果を楽しみたいと思います。
こういう発想のヨコ展開は面白いですね。
皆さんも自分自身の棚卸のなかで、
新しい価値を発見できたら楽しくなりますよ♪
ビジネス構造を見極める目を磨くには、RBCへの会員登録をどうぞ。
明日も私が投稿します。