こんにちは、樋口です。
「おいしいコーヒーのいれかた」のCDが欲しかったので
アマゾンをネットサーフィンしていたら、
勝間和代さんのベストセラーを発見。
早速短手番で発注してしまいました。
MECEやピラミッド化といったコンサルティングの
障りのような記述があったり、
懐かしのマインドマップや体力づくりの話など、
ビジネスクリエーターとして発想を出すうえで
根っこの部分になる足腰づくり・メソッドが記載されていて、
勢いで一日の空き時間で読んでしまいました。
そのなかで今回注目すべき単語は「階層化」。
■簡略化(タテ)×階層化(ヨコ)=フレームワーク化
ものごとを因数分解していって簡潔なことばで簡略化して、
固有のエッセンスを抽出する。
そして更に下のステップまで論旨を深堀りしていく。
最近仕事のなかで仕組みやシステムに関わることが多いので、
ふとアンテナに引っかかってしまいました。
仕事の内容を考えるときは、
誰がどのような方法でどの階層までを網羅するか、
どの階層までを自動化するかなど、
どのような仕事にも活かすことができる発想ですね。
具体的に業務のなかに落とし込めるようになりたいです。
話は戻りますが情報処理能力で人間はPCに勝てません。
情報検索能力ではgoogleに勝てるわけもありません。
それでは人間がPCを駆使して付加価値を創出するには、
何をしたらよいのでしょう??
・・・答えのひとつを知りたい方、
是非RBCへの会員登録を!
明日は満木さんです。楽しみです。