こんにちはっ
学生スタッフの名倉です。。。
僕は先週から日経新聞でアルバイトを始めました!
やはり日経新聞で働くのだから情報が集中する部署がよかったんですが、
配属先は決められなかったのです、

なんと配属先は編集局の整理部という場所に配属されました!
この部署はなにが魅力かというと新聞の種類がそろっているということはもちろん、
ファックスで生の情報がバンバン送られてきたりして、
新鮮な情報が腐るほどある部署なのです!
しかも、整理部ということで他の部署にも頻繁に足を運ぶので、、、
もうメモ帳が手放せません!
もちろんインサイダーなどの理由でいい情報があったとしても人には話せません。
でもその情報をもとに世の中がどう動くのかの勉強になると思います。
これだけではただのバイト報告なので、僕が気づいた点をひとつ。
情報というのは時間が命ということです。
もちろん頭ではわかっていたのですが、
情報をどんどん削って、いらないものは捨てていく
こういった光景を見ていると、質よりも速さを意識している気がします。
もちろん質も大事ですが、この情報社会の世の中、
速い者でありたいです。
〇次は庄司さんです〇
こんな未熟な僕ですが、応援していただける方は
会員登録をお願いします☆