「靴をそろえるとよい」とは
いろいろな人が言っているし、
いろいろな本にのっている。
なぜだろう、と思っていたが、
先日読んだ『レバレッジ・シンキング』では
「小さな習慣を身につけることで大きな習慣も身につくようになる」
と書いてあり、思わず納得した。
たとえばある人が、
「毎朝、早起きして出社前に2時間英語の勉強をしよう」
と決めたとする。
それはそれで素晴らしいことだが、
大きすぎる目標は、途中で挫折することが多い。
それよりも
「毎日5分、帰宅後に掃除する」とか
「毎日靴をそろえる」という小さな習慣を身につけられれば、
良い流れが生まれ、やがて大きな習慣もできるようになる、とのこと。
「自分を変えたい!」「人生を変えたい!」といった際に、
大きなことをやらなければならないと思いがちだが、
上記の本を読んだり、結果を出している人から話をきいて、
小さな部分を変えていくことが大事なのだろうと、思うようになった。
                                   (おわり)
明日は村上君です。
お楽しみに♪